なぜ韓国人は整形手術をするのか

 

 

韓国女性の約20%が美容整形手術をうける。

5%のアメリカとくらべ格段の差がある。

特に鼻をほそながくするのと、二重まぶたにする手術が人気。

 

CNNの記事によると、アメリカの韓国系医師アンソニー・ヨンは、

この風潮を「アジア人の顔を白人にちかづけるもの」と指摘している。

白人はほとんど二重である一方、東アジア人はわづか15%だから。

目をそむけたいほど醜悪な現実。

 

 

 

 

21世紀でも、われらのスローガンは「脱亜入米」。

こんなおもしろ記事をよむと、白人崇拝が根も葉もない錯覚といえない。

 

ペンシルベニア州在住ののクリス・レイノルズ氏は、

インターネット決済の「ペイパル」社からおくられた明細書をみておどろく。

残高「9京2233兆7203億6854万7800ドル」。

本当は「0ドル」なのに。

 

単なる会社側のミスだが、「もしこれが現実だつたら?」という問いへのレイノルズ氏の返答がよい。

「米政府の債務を完済するだろう」

ジョークひとつに、さりげなくにじむ愛国心。

アメリカ人てカッコイイと、ボクはおもう。

 

 

 

 

非の打ちどころない美女が紹介するのは、韓国LG社が発表した「クラシックTV」

なんと選局スイッチがダイヤル式!

ちかごろのテレビは妙に局数おおいから、「まわす」方が直感的かも。

 

ここに韓国のしたたかさをみる。

模倣すべきモデルはためらわず模倣し、新機軸デッチあげ世界市場を席捲。

 

 

1961年ごろの池田大作

 

 

1990年代以降、創価学会は韓国で信者をふやし、公称150万人。

数字上は最大の宗教団体となる。

黒田雅弘『韓国 反日感情の正体』(角川oneテーマ21)によると、布教の手口はたくみ。

学会は戦時中、軍部から弾圧をうけた。

「軍国主義の被害者」という立場は韓国とおなじとうつたえ、共感よんだ。

 

ここに日本の衰退をみる。

右も左もカルト教団も、「戦前の自分らはいかに善良だつたか」を売り文句とし、

なにもうみださず、内政をくさらせ、海外に恥をさらし迷惑かける。

 

日本の戦後史は要するに、池田大作の個人史。

すくなくともボクの美意識は、このモデルをうけいれられない。

国家に整形手術が必要だ。




韓国 反日感情の正体 (角川oneテーマ21)韓国 反日感情の正体 (角川oneテーマ21)
(2013/06/10)
黒田勝弘

関連記事

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03