たかみち『ゆるゆる』完結

 

 

ゆるゆる

 

作者:たかみち

発行:少年画報社 2013年

レーベル:YKコミック

[以前の記事→1巻/2巻

 

 

 

たかみちの夏、日本の夏。

サンシェードの様にさりげなく、暑気をやわらげる。

 

 

 

 

一見ゆるそうで、緻密で論理的なのが本作。

はねとんだカッター片のゆくえをおう36話をみよう。

顔をそむける「ハルカ」が愛くるしい。

 

 

 

 

くまなく掃除し、磁石をつかつてもみつからず。

灯台もとくらしということで、名探偵「ユキ」は服をぬぐよう指示。

空気みたく淡々としたエロス。

 

 

 

 

浜辺でさわぐ男たちを、ひとりで相手する41話。

にこやかに話しかけ、それとなくゴミをもちかえるよう誘導。

高1でこのおマセぶり、オンナノコの幼さを強調する「萌え作品」と一線画す。

 

 

 

 

死ぬならボクは、たかみち少女のいる風呂で溺死したい。

ホテル「アオバトヤ」で日帰り温泉をたのしむ35話。

 

 

 

 

伊東の「サンハトヤ」とおなじく、浴場で魚がおよぐ。

温泉と水槽の、微細なグラデーションをかきたかつたのだろう。

作者の水マニアぶりにあきれた。

 

 

 

 

ハルカの家から、バスで帰宅する「みさき」。

夕映えの海は、しづかでせつなくて、ついウトウト。

読者も時間をわすれ、アニメの世界にはいつた気分となる。

 

 

 

 

寝すごして駅まで1.6キロあるくはめに。

落日の山裾はさびしい。

背景で心情をかたりつくす。

 

 

 

 

本作のマスコットであるアオバトは夏の渡り鳥。

五年におよぶ連載で季節はかわらなかつたが、

最終回に少女たちは、おわらない夏はないとしる。

 

 

 

 

モノクロの新作、『百万畳ラビリンス』がすでにはじまつている。

たかみち先生が、たかみちブルーをすてるなんて!

でもひとは前進しなくてはならない。

漫画表現の完成形とすらいえる『ゆるゆる』は画期的だつたが、ふりかえる必要はない。

 

 

久保田さんはあいかわらず仏頂面

 

 

さわやかな乙女らは、ただひとりだつて、わすれられはしないから。

こまやかで心こもる、とびきりうつくしい作品に感謝したい。




ゆるゆる 3 (ヤングキングコミックス)ゆるゆる 3 (ヤングキングコミックス)
(2013/08/10)
たかみち

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: たかみち  百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03