『ワールド・ウォーZ』

 

 

ワールド・ウォーZ

World War Z

 

出演:ブラッド・ピット ミレイユ・イーノス ファナ・モコエナ ダニエラ・ケルテス

監督:マーク・フォースター

制作:アメリカ 2013年

 

 

 

なんだかんだで、ブラピはカッコイイ。

本作では、調査が専門の元国際連合職員というめづらしい役。

世界を股にかける。

 

 

 

 

本国は大統領が死ぬなど、政権中枢が壊滅。

いわゆるパンデミック、伝染病の国際的な流行で。

 

 

 

 

各大陸でひとは兇暴なゾンビと化し、別の人間をおそう。

題名の「Z」は「Zombie」のこと。

 

 

 

 

陸に安全地帯はなく、家族とともに軍艦で保護される。

ブラピの能力をかう元上司の手引きで。

 

 

 

 

洋上の国連本部!

われら人類のしぶとさに感心。

 

 

デイヴィッド・アンドルーズ

 

 

ことここにおよべば、文民統制などといつてられない。

国連、つまり世界は、米軍が統帥する。

 

「World War Z」は、「最後の世界大戦」という意味でもある。

二番目のそれ以来、列強同士は約70年にわたり矛をおさめてきた。

2013年現在の世界はひどく腐敗するが、その点だけはみとめたい。

「連合国」をあらわす名をもつ「United Nations」は、本質的に軍事同盟なのをおもいだす。

本作はゾンビ映画というより、戦争映画。

 

 

 

 

 

 

ゾンビに善戦しえた唯一の国はイスラエル。

 

 

 

 

巨大な壁をはりめぐらし、厳重に検問をおこない、一匹も侵入させない。

 

 

 

 

かの国は、毎日が第三次世界大戦の開戦前夜みたいなもの。

ゾンビ出現の報をきき、どこよりはやく手をうつ。

 

 

 

 

IDFの女兵士に扮する、坊主頭のダニエラ・ケルテスが凛々しくもうつくしい。

イスラエルの徴兵制は、女にも兵役義務を課す。

 

わが国に「徴兵制を復活しろ」と息まく恥知らずがいるらしいが、

「まづオマエが最前線へゆけ」というジェシカ・エドワーズ主義にくわえ、

「男女平等なのだから、女も軍隊にとつて当然だよな?」と議論しよう。

 

敵はゾンビか宇宙人か支那人かわからないが、

世界大戦が「II」でおわるとかぎらない以上、総力を結集するのがわれらの使命。

あすの平和のために。



関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03