大澄剛『このゆびとまれ』

 

 

このゆびとまれ

 

作者:大澄剛

掲載誌:『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)

単行本:ニチブンコミックス

 

 

 

いま子役漫画が熱い!

吉田譲/野島伸司『NOBELU -演-』(少年サンデーコミックス)につづき、

天才子役「藤江恵那」の物語をとりあげる。

大人がもらい泣きするほどの演技力で、トップスターにのぼりつめた。

 

 

 

 

控え室でトレードマークのおさげ髪をほどくと、鬼の形相に。

マネージャー「田代」に当り散らし、脚本にダメ出しする。

「視聴率良いみたい? はっ ばかじゃね? 数字持ってるのは私なんだから!」

 

 

 

 

水鉄砲で憂さ晴らしするところに監督がはいつてくるが、

まだ小学一年生ゆえ、単なるたわむれにしか見えない。

コドモを演ずるコドモは無敵。

 

 

 

 

恵那は仕事をえらばない。

天使の笑顔で、イモ虫役のCM現場入り。

「気持ちのはいったイモ虫じゃなきゃ、OK出さねぇからな」とカントク。

 

 

 

 

イモ虫の気持ちつてなんだよ!!!!!!

本番中は不満をおくびにもださず、そのプロ意識は業界で評判。

なんだかんだいつて健気で、かわいくて、応援したくなる。

 

 

 

 

ライヴァルとセンターポジションをあらそうことも。

でもカメラのまえでは和気藹々。

だつてウチらコドモだもん!

 

 

 

 

「ランドセルなんてただの重り」とか、発言がいちいち味わいぶかい。

偶像破壊的なアイドルだ。

 

 

 

 

「恵那ちゃんほんと髪キレイだねー 手入れ法教えてよー」

「えーっ 何もしてないですよぉ」

(何もしてないわけねぇだろっ!)

 

もはやコドモらしくないとかいう次元でなく、フツウに女子の本音。

漫画つて、オンナノコの二面性をえがくのに最適かも。

 

 

 

 

恵那はバラエティ番組でもひつぱりダコ。

自分を目の敵にするグラビアアイドルに対し、特技のスカウター発動。

うそ、「ETP(Ena's Talent Point)17」しかないの?

たいして美人でもないのに、テレビでてるから変とおもつてたけど。

コイツ、なにかかくしてる。

 

 

 

 

トーク中に弱点発見。

そういや週刊誌で豊胸手術をうたがわれていた。

「どうしたらそんなにおっぱいが大きくなれますかっ?」

 

無邪気(そう)なコドモだから吐ける、辛辣なセリフ。

野原しんのすけに負けない破壊力。

 

 

 

 

さらに『クレヨンしんちゃん』にないロリ成分で、ここに最兇ヒロイン爆誕!




このゆびとまれ(1) (ニチブンコミックス)このゆびとまれ(1) (ニチブンコミックス)
(2013/07/29)
大澄剛

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03