レイプの男性被害

カシオ『三上くんのおもちゃ』(ジュネットコミックス ピアスシリーズ)

 

 

2011年の「強制わいせつ事件」のうち、男が被害者なのは2.3%

氷山の一角とされる。

「自分はレイプされました」とうつたえることへの抵抗は、女よりおおきい。

 

なお「強制わいせつ事件」と括弧にいれたのは、

日本の刑法は欧米とことなり、男のレイプ被害に「強姦罪」を適用しないから。

なんという偏見!

 

心の傷のふかさに性差はない。

こんな単純な事実が、わかつてもらえない。

信用されなかつたり、「ただのイジメだ」「むかしのことだ」とうけながされたり。

性的虐待は、いじめと異質な経験として記憶にきざまれるのに。

 

 

「釜山ひまわり女性児童センター」に常駐する女性警官

 

 

以前書いたが、韓国は性暴力被害者への支援体制が米国なみに充実。

不幸な事件がおきたら、国と市と病院で運営する施設に被害者をむかえる。

子どもを保護する「ひまわり児童センター」は、幼稚園みたくあかるい内装で、

専門的訓練をうけた面接員も、制服でなくカジュアルなよそおい。

 

かたや日本は、警察・検察・福祉関係者による、

それぞれ個別の事情聴取が慣例、10回をこえるのもめづらしくない。

レイプされた子に、たえがたい負担を課す。

 

写真は、性器・舌・体毛などがつくアナトミカル・ドール。

證言をためらう子どもが、被害を再現する際に役だつ。

 

人間を理解すること。

先進的な国家は、それができる。

 

 

碧本さり『ケダモノ彼氏!』(ドラコミックス)

 

 

アブグレイブ刑務所では、米軍の女兵士が捕虜を強姦した。

 

人間を「善と悪」「男と女」にわけても、本質はみえない。

唯一意味があるのは相対的な「強者と弱者」の概念。

自分より強いものに媚びへつらい、自分より弱いものに牙をむく。

われわれは、そういう卑劣なケダモノ。

 

BL漫画の不愉快な表紙は、この種族のみにくさの鏡だが、

それゆえ社会的批判と法的規制が必要だろう。







【参考文献】

読売新聞大阪本社社会部『性犯罪報道 いま見つめるべき現実』(中公文庫)



性犯罪報道 (中公文庫)性犯罪報道 (中公文庫)
(2013/06/22)
読売新聞大阪本社社会部

関連記事

テーマ : 犯罪
ジャンル : 政治・経済

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03