赤名修/吉田穰『タナトスの使者』

 

 

タナトスの使者

 

作画:赤名修

原作:吉田穰

掲載誌:『アフタヌーン』(講談社)2013年-

単行本:アフタヌーンKC

 

 

 

死神がやつてきた。

死をねがう人間のもとへ。

 

 

 

 

男は大手ゼネコンの元役員。

末期癌で余命半年といわれ、自宅療養をえらんだ。

チューブだらけで、家族に別れも告げられない死にかたをきらつて。

 

 

 

 

子はおらず、妻ひとりで介護する。

茶道教室をひらくなど、それまで彼女は活発だつた。

 

 

 

 

家に虫の息の病人がいたら、ロクに外出もできない。

半年のはずが、もう二年たつ。

 

 

 

 

妻の心身の方が限界だつた。

これが安楽死をもとめる理由。

 

 

 

 

『勇午』で映画的リアリズムをきわめた、赤名修が作画をつとめる。

現代日本のおもすぎる現実を、バタくさく味つけ。

死を処方する医師「来島明良(くるしま あきら)」も、ナチュラルに変で勇午ぽい。

 

 

 

 

安楽死は、刑法202条さだめる「自殺幇助」にあたる、れつきとした犯罪。

警察の囮捜査などの可能性もあり、殺すまえにしらべる。

近辺に監視所までもうけて。

 

 

 

 

世界各地の拷問にたえた勇午同様、体をはる。

依頼人の妻の気をひくため、ヤンキーに喧嘩をうり、わざと暴行される。

 

 

 

 

女はお茶の先生だつたくらいで、世話やきな性格。

来島を家にあげ治療、世間話をする。

 

 

 

 

ヤンキーにボコられてた若者が、まさか身辺をさぐるスパイとおもわない。

日頃の鬱憤をぶちまける。

 

「自宅療養はわがまま」

「もうすこしの辛抱」

 

ごくありふれた、在宅介護者の心境か。

 

 

 

 

だが後日、来島は夫婦のあいだの過去をあかされる。

子どもはいないのでなく、30年まえに亡くしていた。

たがいに罪悪感をいだく、ふかい溝がのこつた。

 

 

 

 

そして妻は、溝をのりこえようと心からつくしていた。

むざむざ家族をうしなう無念を二度とあじわいたくなくて。

栄養療法をまなび、癌に効くときけば、大分から水をとりよせたり。

医学的にみれば気休めにすぎないが、

「自分の死は妻の幸福」という夫の想像も、錯覚にすぎなかつた。

 

「生」はエゴがすれちがう荒野で、「死」は単なる虚無だが、

その間隙に別世界があるかもとおもわせる、陰影にとむ力作だ。




タナトスの使者(1) (アフタヌーンKC)タナトスの使者(1) (アフタヌーンKC)
(2013/07/23)
赤名修

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03