『SHORT PEACE』

オープニング(監督:森本晃司)

 

 

SHORT PEACE

 

監督:森本晃司 森田修平 大友克洋 安藤裕章 カトキハジメ

制作:サンライズ 2013年

 

 

 

短篇アニメ四作あつめたオムニバスだが、大友克洋による『火要鎮』が圧巻。

 

 

『火要鎮』(監督:大友克洋)

 

 

町娘「お若」の秘めたる恋をえがく、江戸ものだ。

全盛期すぎた作家が「日本回帰」するのはありがち。

 

 

 

 

中身はすこしもありふれてない。

絵巻物風の手法をとり、上下に縁がつく。

スクロールがスクロールするさまに感動。

 

 

 

 

季節がうつろうにつれ、縁の装飾もかわる。

雪岱や松園の絵がうごく様な、たおやぐ女性美の極致。

 

 

 

 

親がきめた相手にとつぐことになるが、幼なじみへの思慕にひきさかれる。

 

平行四辺形の畳。

なんと大友が遠近法をすて、「吹抜屋台」の構図をもちいている!

パースで革命をおこした男なのに!

 

 

 

 

ひとりさびしく投扇興をしていたとき、あやまつて行灯を発火させる。

お若は消火しない。

このまま家が燃えれば、三度の飯より火事見物がすきな、あの人にあえるかも。

 

 

 

 

火事と喧嘩は江戸の花。

勘当され行方しれずのおもいびとは、火消となつていた。

 

 

 

 

総がかりであたりの民家をこわし、被害をくいとめる。

荒つぽいねえ、粋だねえ!

 

 

『武器よさらば』(監督:カトキハジメ)

 

 

ふとおもう、これつていつもの大友克洋ぢやないかと。

破壊と廃墟への執着が。

 

 

『火要鎮』

 

 

かれが廃墟をこのむのは、冷戦期にそだつたトラウマかと、漠然とかんがえていた。

根源は徳川期にある。

平和に飽いた鬱屈が、破壊衝動として先鋭化した文化に。

 

 

 

 

惚れた男のためなら、江戸が焼け野原になつてもかまわない。

「日本史上の最萌えヒロインは八百屋お七」と信じる、ボクの心をゆすぶる作品だ。

 

 

オープニング

 

 

日本文化万歳!

さらなる美のたかみをめざし、まだまだいけるぜ!



関連記事

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03