成功しすぎた東独のスパイ、ギュンター・ギョーム

 

 

東ドイツを孤立させるため、かの国と外交関係をむすぶ国とは断交するという、

西独の「ハルシュタイン原則」により、東独は多くの国に大使館をおけなくなつた。

合法的な情報収集ができないので、スパイ活動にたよらざるえない。

 

マルクス・ヴォルフひきいる対外諜報機関「HVA(情報収集管理本部)」が、その任をつとめる。

西独の中央省庁・議会・軍・教育機関・マスコミ・軍需産業など、あらゆる分野へ浸透。

アメリカのNSAにすら情報源をもつた。

 

ベルリンの壁ができるまえ、東独では西への大量移住がおきた。

HVAは人の奔流に、亡命者をよそおう十数名のスパイをまぎれこませる。

 

 

ブラント首相とギョーム(1974年/撮影:Ludwig Wegmann)

 

 

1970年、一匹のモグラがめざめた。

ギュンター・ギョームが連邦首相府職員として採用、それだけで満足すべき成果だが、

トントン拍子で出世し、補佐官として首相と昼夜行動をともにする身分となる。

謀略をしかけたヴォルフすら、夢にもおもわなかつた快挙だ。

 

日本の情報をソ連へながし、独ソ戦に貢献したリヒャルト・ゾルゲのごとく、

東独に脅威をあたえそうな兆候をおしえることが期待された。

ニクソンからの親書など、NATOの最高機密に関するテレックスを撮影し、

西側諸国の情勢をリアルタイムで本国へつたえる。

 

危険きわまる綱わたりだつた。

緊張緩和を模索するブラント首相は東独の国益にかなう、という判断のもと、

議会で不信任案が提出されたときは、HVAが議員を買収しブラントをまもる。

まこと政治家は、滑稽なあやつり人形だ。

 

スパイ発覚の責任をとるかたちで、1974年にブラントは辞任。

自分は東独との関係改善をめざし努力しているのに、

まさか相手が裏切るとおもわなかつたと、自伝で告白している。

諜報活動が成功しすぎ、影響力をもちすぎ、かえつて東独は政治的利益をうしなう。

 

 

西ベルリンにはいる東ベルリン市民(1989年/撮影:Klaus Oberst)

 

 

ベルリンの壁がくづれたあと、HVA職員の摘発がはじまる。

旧東独政府が命じた合法的活動を、「国家反逆罪」とみなして。

西独のBND(連邦情報局)も、おなじことをしたではないか?

ドイツ統一は「融合」でなく、一方的な「吸収合併」だつた。

 

諜報活動の過去は水にながせない。

新ドイツ政府がスパイ狩りに躍起になるのは、だれが裏切者かあきらかにしないと、

外国の諜報機関やテロ組織におどされ、元スパイが転向しかねないから。

実際、ロシアに協力する元HVA職員もいるらしい。

 

費用も時間もリスクも高くつく、むなしいゲームだ。







【参考文献】

熊谷徹『顔のない男』(新潮社)



顔のない男―東ドイツ最強スパイの栄光と挫折顔のない男 東ドイツ最強スパイの栄光と挫折
(2007/08)
熊谷徹

関連記事

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03