後藤和久『決着!恐竜絶滅論争』

発行:岩波書店 2011年

レーベル:岩波科学ライブラリー

 

 

 

2010年、『サイエンス』誌に掲載された恐竜絶滅についての論文は、

「原因は小惑星衝突」という結論をもつての、終戦宣言とされる。

33歳でその共著者に名をつらねた研究者による、科学の現場の熱がつたわる良書。

 

 

 

 

ユカタン半島のチチュルブ・クレーターが、1991年に発見されたことは、

まさに隕石衝突なみの衝撃を、大量絶滅の原因論争へもたらした。

おおくの研究者が持説撤回を余儀なくされる。

アーチバルド、クルティヨ、ケラーらは衝突はみとめるものの、

絶滅は「斬新的」とし、原因を「火山噴火」にもとめる様になつたが、

議論はあきらかに劣勢、挽回のみこみなし……とおもわれた。

 

 

 

 

2000年ごろから、すでに専門家は圧倒的に「衝突説」を支持するのに、

一般メディアが反対論者の主張を好意的にとりあげだす。

「定説をくつがえす研究」の方がおもしろいから。

インターネットの普及が、科学のありかたを転換。

「多数派の妨害にあつて、査読(論文の審査)がとおらず、研究費もおりない!」と、

不満タラタラの漸進的絶滅論者は、査読なしのインターネットでの発表へとびつく。

科学者は専門以外くわしくないので、地球科学分野の研究者さえ、

「論争はまだ活発につづいてるらしい」と勘ちがいする様に。

 

混乱をまねいた責任は、衝突説支持者にある。

いつたん假説が定説となれば、再反論するのは億劫なもの。

 

 

キューバ・フォトメント地域にあるK/Pg境界層の露頭

 

 

業を煮やした、衝突説支持者のペーター・シュルテが音頭をとり、

地質学・堆積学・古生物学・惑星科学・地球化学・地球物理学など、

はばひろい分野から41名あつめ、1000篇ちかい論文を精査し、細分化した研究を再編。

一語の表現をめぐり、数日議論をかさねる。

「チチュルブ衝突は大量絶滅の原因だつた(caused)」か、それとも「引き金となつた(triggered)」か?

(最終的にややゆるやかな「triggered」をえらぶ)

膨大なメールのやりとりを5ページに集約した2010年の論文は、

チチュルブ・クレーター発見に匹敵する、セカンドインパクト。

反対派に、関連諸分野で定量かつ定性的な反論をおこなう義務を課した。

メキシコ湾周辺のK/Pg境界線でみつかつた大量の證拠を、どう説明するか?

火山噴火説は、衝突説と同水準で絶滅プロセスをかたれるか?

 

長年の悶着に決着つけるため、分野をこえ論争をみなおし、一般人に評価をあおぐ。

史上初のこころみとなる研究手法だつた。

科学のアップデートは、インターネットよりはやい。




決着! 恐竜絶滅論争 (岩波科学ライブラリー)決着! 恐竜絶滅論争 (岩波科学ライブラリー)
(2011/11/09)
後藤和久

関連記事

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03