島田フミカネの時代

『ガールズ&パンツァー』(テレビアニメ/2012-13年)

 

 

……なのだろう、たぶん。

とりあえずガルパン全話みおわつての感想。

水島努の采配(二度放送延期したが)、杉本功の神がかつた作画(7-10話あたりは別)

吉田玲子の女性視点をにじませる脚本なども評価すべきだが。

 

 

 

 

決勝の「黒森峰女学園」戦は、司令官・西住みほの天才が炸裂する。

もくもく作戦、パラリラ作戦、おちよくり作戦……。

 

 

 

 

「もくもく作戦」は、煙幕にまぎれポルシェティーガーを牽引、高地で陣地構築するもの。

意図のはつきりした術策のつるべ打ちで圧倒。

 

 

 

 

みほは机上の戦略家にとどまらない。

アニメ史にのこる名場面となつた、八艘飛び。

渡河中にエンストした一年生の「ウサギさんチーム」をすくうため、腰にロープをまく。

 

 

 

 

はためくミニスカート。

ほとばしる仲間へのおもい。

 

 

 

 

義経がとんだのは、単に逃げるのが目的だつたのとくらべると、

黒森峰戦は、壇ノ浦の戦いをこえたといえる。

 

 

 

 

「女子高生」と「戦車」を、あますところなくえがき、かつ調和させる。

現実ばなれした難題だつたとおもう。

 

 

 

 

走行中にエンジンを整備する、自動車部の中嶋さん。

不思議なほど、乙女は兵器がにあう。

 

 

 

 

概して女は地図をよむのが苦手だが、目的地にくまさんをかき対処。

 

 

 

 

オリンピック級の跳躍力をもつくせ、「女の子走り」するみほ。

あざとい。

 

この走法は骨格に起因するとか。

女は肩幅せまく、骨盤がおおきいので、自然と腕は外へひらく。

 

 

 

 

島田フミカネキャラの魅力も、骨格にある。

一枚絵をみても才気あふれるというほどでないが、

『スカイガールズ』にせよ『ストライクウィッチーズ』にせよ、うごくとめざましい。

 

かれは兵器マニアで、おそらく模型とか好きで、その延長線上に女の子をかく。

うつくしいシルエット、精巧なメカニズム。

ただカワイイだけでなく、総合的にスペックたかい。

 

 

「89式は軽戦車じゃないしぃ」「中戦車だしぃ」

 

 

つまり女の子は、生まれながらの兵器。

相性よいわけだ。

 

 

 

 

合言葉は「パンツァー・フォー」!

来年春にアンツィオ戦のOVA、さらに劇場版。

ついでにストパン3期がくれば世界制覇!?




ガールズ&パンツァー -スタンダード版- 6 (最終巻) [Blu-ray]ガールズ&パンツァー -スタンダード版- 6 (最終巻) [Blu-ray]
(2013/07/26)
水島努

関連記事

テーマ : ガールズ&パンツァー
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03