『中二病でも恋がしたい!』7-12話

 

 

中二病でも恋がしたい!

 

出演:福山潤 内田真礼 赤﨑千夏 上坂すみれ 浅倉杏美

監督:石原立也

アニメーション制作:京都アニメーション

原作:虎虎

放送期間:2012年

[1-6話の記事はこちら

 

《注意!》

以下の文章では、筋書きの核心にふれています。

 

 

 

 

珍設定のドタバタコメディとしてはじまる「中二恋」だが、

後半戦はやけにしつとりした恋愛もの、青春もの。

 

 

 

 

六花の中二病は、父の死が原因だつた。

現実をうけいれられない自分の心を、

「不可視境界線をめぐる管理局との戦い」という物語にすりかえ肯定。

また父にあう可能性を否定しないため。

 

 

 

 

主題をまとめられる。

中二病は、バカなのでなく、すべてわかつてやるもの。

だからこそ、痛々しい。

 

 

 

 

本作のラスボスは、現実というリアリティ。

精霊と交信した(笑)悪夢からさめ、社会復帰をはたした丹生谷さんが手をさしのべる。

 

 

 

 

恋バナで。

 

「すでに勇太とは最上位契約でむすばれている……恋人などという契約形態は不要」

「でも家にかえると想像しない? 手をつないだりとか、キスしたりとか」

「う、うぐっ……しかし邪王真眼の力はすご……い、いや、うわぁ~!!!!!」

 

精神崩壊。

 

 

 

 

ナルシズムがひどく、かつ愛されたいのに、きまぐれに人を拒絶して、

些細なことで気を病み、でも恋におちたら一瞬ですべて解決!

ごくフツウの思春期のオンナノコが、ここにいる。

 

 

 

 

六花が真性中二病だつたかは、明言されない。

中二病で「父の死」という現実から目をそむけ、中二病を通じ「恋愛」という現実へもどる。

勉強やスポーツでもよかつた。

ある意味、彼女の眼帯は「中二病のコスプレ」。

そもそもオンナノコは、本質的にレイヤーなのかも。

 

 

 

 

ヒロインの正体については、9月の劇場版や2期でケリをつけてほしい。

 

上坂すみれの好演もあり、ボクが本作でもつともキュンとくるのは、

史上最強(物理的に)ツインテ少女の「凸守」が、一途に六花をしたうさま。

爆ぜろリアル!はじけろシナプス!

シンクロ率100%、「中二病×百合」の魔力で、よりはげしく闇の炎にだかれたい。




中二病でも恋がしたい!  (1) [Blu-ray]中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray]
(2012/12/19)
福山潤、内田真礼 他

関連記事

テーマ : 中二病でも恋がしたい!
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03