ウロ『ぱわーおぶすまいる。』2巻 環さまの暴走するエロス

 

 

ぱわーおぶすまいる。

 

作者:ウロ

掲載誌:『まんがタイムきららキャラット』(芳文社)2011年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

[1巻の記事はこちら

 

 

 

 

帯のアオリは「つんでれおぶざいやー。」

低姿勢だ。

当ブログは「つんでれおぶざでぃけいど。」の称号をたてまつろう。

本作の「虎道環(こどう たまき)」さまに。

 

 

 

 

体育の時間にたおれたのを介抱したら、痴漢あつかいされる。

かさねて破壊的なあかんべー。

10年にひとりの笑顔美人。

 

 

 

 

環さまが非凡なのは、超ハイスペック美少女ながら、ヒロインでないこと。

エロメガネと幼なじみの恋を、陰日向なく応援。

あかんべも、デレ期突入フラグを意味しない。

うつくしすぎる脇役。

 

 

 

 

料理をてつだう友だちを尻目に、「オンナノコっていいなぁ」とほつこり。

一応オンナノコだが、メスつぽくない。

 

 

 

 

気にしてるのは、家が大金持ちなこと。

変におもわれたくなくて。

オンナノコらしくないが、オクユカシサはある。

 

 

 

 

あとはひたすら愛でるだけ。

まさに「たてば芍薬すわれば牡丹」を地でゆき、

立ち居振る舞いのひとつひとつがなまめかしい。

イスの背もたれと細腕で、ジャンスカ制服からはみでた胸はさらにムニッと。

においやかな美貌が四コマからこぼれる。

 

 

 

 

別荘でノースリーヴのワンピ姿を披露。

描線がやたら官能的で、ハダカやパンチラはないが、ほとんどエロ漫画。

それでも二年間の連載で、環さまに浮いた話ひとつないのは、

悪い虫をとおざけたい作者の陰謀か。

 

 

 

 

妹キャラによわい評者の食指がうごかないなんて、本作はきわめて稀少な例外。

いや、自称「セクシーな妹」も相当カワイイけど。

 

 

 

 

つんでれおぶざせんちゅりー!

作者と読者のため純粋培養された名花は、百年咲きほこるだろう。




ぱわーおぶすまいる。 (2) (まんがタイムKRコミックス)ぱわーおぶすまいる。 (2) (まんがタイムKRコミックス)
(2013/05/27)
ウロ
関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:   きらら系コミック  萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03