めざわりな島の便利屋さん

 

 

「海は広いな大きいな」の童謡『海』は1941年につくられたが、その歌詞はもはや陳腐。

地図をひつくりかえそう。

ロシア・支那・韓国からみて、海は狭いし小さい。

 

 

(撮影:道明寺章)

 

 

ゆえに日本は、水たまりを飛び越えた悪ガキに、土足で踏みこまれる恐れがある。

自衛隊のもくろみは、洋上迎撃むきの編成により、玄関口でおいかえすこと。

 

ただ地上戦力は、抑止のため缺かせない。

北部方面(北海道)で、ロシア人の接待役をつとめる「90式戦車」は、

目標自動追随システムがくみこまれ、けわしい地形をいかした稜線射撃が得意。

 

 

81式短距離地対空誘導弾・通称「短SAM」(撮影:道明寺章)

 

 

本土侵攻がなされた場合、海空戦力で迎撃しても、敵の2割しか阻止できない。

そのとき、艦船や航空機は大きく損耗している。

陸上自衛隊は、海空にたよらぬ作戦遂行能力がもとめられる。

 

しかし、空自のペトリオットの弾道ミサイルへの対処などの割りをくい、

陸自の地対空ミサイルは、野戦防空に十分まわせるか不安視される。

 

 

全長40mの複層のパネル橋(撮影:道明寺章)

 

 

とかく陸軍は便利屋あつかいされがち。

テロがおこれば治安維持に、災害がおこれば救助と復興支援に。

 

派遣の頻度がふえれば、予算や訓練時間は圧迫され、戦闘力低下をまねく。

国民の生命はなにより尊いが、軍隊は「生かす」より「殺す」が本分と認識すべき。

 

 

多連装ロケットシステム(MLRS)

 

 

外交も、国防の足手まといとなる。

対人地雷を禁ずる「オタワ条約」、クラスター爆弾を禁ずる「オスロ条約」に、日本は批准した。

倫理的に称讃されるが、軍事的に批判される。

支那、ロシア、北朝鮮など、假想敵国は批准せず、つかいたい放題だから。

条約締結を主導した、平和なヨーロッパと事情がことなる。

 

12-20万㎡を制圧する、MLRS用の「M26ロケット弾」は、条約により廃棄。

 

 

 

 

兵士の必須装備といえば戦闘糧食(レーション)だが、野外活動で口にする機会はすくない。

ひえたメシは士気をさげる。

通常は、部隊ごと後方にさがり食事休憩。

 

 

『ガールズ&パンツァー』(テレビアニメ/2012-13年)

 

 

せつかくなら、優雅に戦い、うつくしく勝利したいもの。








【参考文献】

毒島刀也『陸上自衛隊「装備」のすべて』(サイエンス・アイ新書)



陸上自衛隊「装備」のすべて 知られざる戦闘力の秘密に迫る (サイエンス・アイ新書)陸上自衛隊「装備」のすべて 知られざる戦闘力の秘密に迫る (サイエンス・アイ新書)
(2012/04/19)
毒島刀也

関連記事

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03