竹本泉『がーでん姉妹』

パステルつぽい色づかいは唯一無二

 

 

がーでん姉妹

 

作者:竹本泉

掲載誌:『まんがライフ』(竹書房)2012年~

単行本:バンブーコミックス

 

 

 

 

画風に反比例した、難解な作風でしられる竹本泉だが、

この『がーでん姉妹』は、空子・風子・花子・池子・カナリの、

「庭家五姉妹」の日常をえがき、したしみやすい。

てゆうか、ショートカットの四女「池子」に胸撃ちぬかれ購入。

 

 

 

 

といつても、姉妹の生活は、すこしフシギ(SF)。

池子は、三つ子の姉をみわけられず、翻弄される。

 

 

 

 

……はっ、シャーペンの芯のふとさで特定できるかも?

 

 

 

 

一緒にすんでて、んなわけあるかいとツッコんだ人は、

竹本流メルヘンタッチにひそむ毒を御存じない。

 

プリンを勝手にたべられ、聞きこみ捜査するも、容疑者は行方不明。

 

 

 

 

木をかくすなら、森のなか。

犯人をかくすなら、三つ子のなか。

ひごろこんなイタズラをしかけられてたら、識別なんてとてもとても。

 

 

 

 

「カナリ」は血のつながらない妹。

ちんまい金髪女子のセーラー姿は破壊的!

 

 

 

 

父はアメリカの雑誌記者で、カナリは日本うまれ。

英語ができないと知れるとガッカリされる。

特徴的な外見をもつのも悩みのタネ。

 

 

 

 

どこからみても平々凡々たる大和撫子の池子は、

学校でいつも、「三つ子の妹」「カナリのねーちゃん」とよばれる。

 

 

 

 

わたしのアイデンティティつてなに?

アイデンティティという言葉のアイデンティティもわからず、さけぶ。

 

 

 

 

街で偶然あつたのは、いまはわかれてくらす実父。

 

 

 

 

複雑といえば複雑な家庭環境だけど、パパはやさしいから好き。

ママに内緒でおこづかいくれたりするし。

 

 

 

 

相当フシギ(SF)な毎日のなかで、ひとつだけたしかなこと。

ママはなんでもしつている。

 

 

 

 

「姉妹もの」というありふれた題材が、藝歴32年をほこる作者の、

タイムトラヴェルSF的に時代を超越した個性をきわだたす。





がーでん姉妹(1) (バンブーコミックス)がーでん姉妹(1) (バンブーコミックス)
(2013/04/27)
竹本泉

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03