渡辺静『思春期のアイアンメイデン』

中二病という陰謀

 

 

 

 

思春期のアイアンメイデン

 

作者:渡辺静

掲載誌:『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)2012年~

単行本:ヤングガンガンコミックス

 

 

 

 

ヒロインの「月子」は中学二年生。

折しも「あの日」で、彼女は三日目がおもく、立つのもつらい。

でも級友のいる通りにさしかかるとシャキッ!

 

外ヅラのため体をはる女子の矜持に、幼なじみの「真山」は圧倒される。

 

 

 

 

本作の主題はずばり、「オンナノコ」。

連れションだの、メモ回覧だの、「カワイイ♡」連呼だの、

男には理解できない習性の要因をさぐる。

 

 

 

 

月子は風紀委員。

スカート丈は膝下、靴下は白、手に参考書。

「制服といえばミニ(また履かない」と刷りこまれてるので、やけに新鮮。

 

 

 

 

小学生気分ぬけない真山は、めくりがいのあるスカートにいどむ。

 

 

 

 

さすが鋼鉄の処女、ジャージで鉄壁ディフェンス。

オンナノコは、男子を置いてきぼり、別種のなにものかへ進化。

 

 

 

 

きざしは、小四のころからあつた。

カードゲームであそぶ仲だつたのに、よそよそしくなつて。

 

 

 

 

文部科学省肝いりの保健の授業。

男子ぬきで、自分らの体のしくみをおそわる。

 

 

 

 

へえ……オンナノコつてそうなんだ……。

あれ、となりのケイちやんがモジモジして、様子が変。

 

 

 

 

ケイちやんは失踪した。

オンナノコの秘密は、国家機密。

 

 

 

 

「可孵化」。

悪魔の様な、恐竜の様な。

月イチで一週間ほど、ホルモンバランスがくづれ、

過剰分泌された鉄分が体表面にとびだす。

 

一万分の一の特異体質で、月子もそのひとり。

 

 

 

 

幼なじみは、驚愕の事実をうけいれられず、とりみだす。

月子が、初恋の人であるイケメン生徒会長のまえで、

デレ顔をみせるのに嫉妬し、変身中の写真を披露しようとする。

 

好きな子ほどいじめたくなる的な?

 

 

 

 

わたしとエ……エッチしてもいいから、だまってて!

したいって言ってたじゃない、ほらっ、好きにしなさいよっ!!

 

スタコラにげだす真山くん。

相手にならない。

月子が年上にあこがるのも当然か。

 

 

 

 

後輩のパンク系ツインテ少女に、いきなり告られたり。

 

中二はおもしろい。

小学生と高校生にはさまれ、一年と三年にはさまれ、オンナノコはわけわかんなくて。

 

 

 

 

変身がとけ、体育倉庫できがえる月子。

さりげない手つきに、作者の思春期女子へのこだわりが。

彼女らは、だれも見てないところでも、あきらかにちがう生き物。





思春期のアイアンメイデン(1) (ヤングガンガンコミックスSUPER)思春期のアイアンメイデン(1) (ヤングガンガンコミックスSUPER)
(2013/04/25)
渡辺静

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03