松本ひで吉『さばげぶっ!』

 

 

さばげぶっ!

 

作者:松本ひで吉

掲載誌:『なかよし』(講談社)2011年~

単行本:講談社コミックスなかよし

 

 

 

 

ポニテがにあう「園川モモカ」15歳、ただいまチカンにあつてます。

転校初日なのに。

 

 

 

 

そこへ颯爽と援軍登場!

ベレッタをかまえる超美人。

 

 

 

 

鉄道警察隊につかまつたのは、美人さんでした。

無理もない。

 

 

 

 

朝の珍騒動はわすれ、自己紹介。

第一印象はイイ感じかな?

 

 

 

 

……好感度キャラつくるのつて、めんどくさ!!!

したしまれるコツは、汗つぽい「アレ」をしぼりだすこと。

 

 

 

 

『なかよし』連載ゆえ、女の子の本音がリアルでたのしい。

こんな筆名だが、作者はテロリスト系女子。

 

 

左はなぞの生物「カモ」

 

 

裏表ある性格をみぬかれたか、

残念美人「鳳美煌(おおとり みおう)」先輩に、部活へ執拗にさそわれる。

まづママから籠絡。

 

 

 

 

薬物であやつられ(笑)、結局入部したのはそう、「サバゲ部」。

学園生活はサバイバル!

 

 

 

 

リア充への未練をすてられないモモカは、部活をサボり合コンへ。

予想以上にイケメンぞろいで、おもわず合コンの神さま(?)に感謝。

 

 

 

 

でも、流行の話題についてゆけない。

すつかり銃オタ脳のモモカにとり、「AKB48」より「AK-47」が重要。

 

 

 

 

ゲーセンで、いまどきそういない典型的オタクと、ガンゲーの対戦したり。

愉快な「からあげ☆レモン」氏は、本作屈指の人気キャラで、

4巻刊行時点において、モモカの唯一の男友だち(笑)。

これはこれで、リア銃?

 

 

 

 

たまにはサバゲもする。

IQ160の「豪徳寺かよ」との一騎打ちは、遮蔽物をはさみ持久戦に。

しびれる展開。

 

 

 

 

対する無表情系天才少女は、超リラックス。

お菓子とペットボトルと音楽を用意して、

名作少女漫画『ときめキッス』全38巻を一気読み。

待ち上手でなくては、戦場でいきのこれない。

 

 

 

 

はじめよう、銃のある日常。

萌え路線と一線画す、焼跡にさいた棘のある華は、うかつに手もだせない。





さばげぶっ!(1) (講談社コミックスなかよし)さばげぶっ!(1) (講談社コミックスなかよし)
(2011/06/06)
松本ひで吉

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03