『ガールズ&パンツァー』

 

 

ガールズ&パンツァー

 

出演:渕上舞 茅野愛衣 尾崎真実 中上育実 井口裕香

監督:水島努

シリーズ構成・脚本:吉田玲子

アニメーション制作:アクタス

放送期間:2012年10月-13年3月

 

 

 

 

まだ4話までしか見てないが、『新世紀エヴァンゲリオン』などで執拗に試みられた、

日常と戦争のあいだの障壁に対する破壊工作が、ついにみのつた感がある。

堤防は決壊した。

 

 

 

 

大洗女子学園・「戦車道」履修の四人で自炊し、夕餉の卓をかこむ。

 

みほ「んーっ、おいしいっ!!」

沙織「や~、男をオトすには、やっぱ肉じゃがだからね~」

優花里「……というか、男子って本当に肉じゃが好きなんですかね?」

華「都市伝説じゃないですか?」

 

 

 

 

最初の練習試合の相手、聖グロリアーナ学園。

戦闘中に紅茶をのむ余裕がある強豪だ。

 

 

 

 

練度も戦力もおとるので、策をねる。

名づけて、「こそこそ作戦」。

 

 

 

 

立体駐車場などで、待ち伏せ攻撃をしかける。

 

 

 

 

戦車内でくだけるティーカップ。

それは、たとえば『銀河英雄伝説』のヤン・ウェンリーが体現する、

「消極的な平和主義」の象徴におもえた。

 

 

 

 

華道の家元の娘「華」が、戦車道をはじめたことを、母にせめられる。

 

 

 

 

たおやかな大和撫子が、油まみれで鉄屑をうごかし、

砲弾をうちあうなんて、ゆるしがたい。

家元とか、親子とか、関係なく。

 

 

 

 

それでも娘は意志をつらぬき、勘当される。

価値の転倒。

半世紀おくれの文化大革命。

 

 

 

 

『ストライクウィッチーズ』を崇拝するボクがいうのもなんだが、

韓国併合とか日支戦争とかアウシュビッツとか抜きで、第二次大戦をネタに、

しかも美少女を影法師に仕立てておもしろがるのは、邪道で悪趣味だ。

 

でも、平和ボケの時代がおわつたなら、現実をうけいれよう。

本作は、アベ死ンゾーが参院選後にたくらむ、憲法9条改悪をたすけるアドバルーン。

軍国主義も、国家総動員体制も、くるならきやがれ。

ボクのねがいは共和制樹立で、戦乙女は履帯で権威をふみつぶし、地ならしをしてくれる。

パンツァー、フォー!

 

あとボクは肉じやが、好きぢやないです。





ガールズ&パンツァー -スタンダード版- 1 [Blu-ray]ガールズ&パンツァー -スタンダード版- 1 [Blu-ray]
(2013/05/28)
渕上舞、茅野愛衣 他
関連記事

テーマ : ガールズ&パンツァー
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03