中山敦支『ねじまきカギュー』9巻 絵と言葉

 

 

ねじまきカギュー

 

作者:中山敦支

掲載誌:『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2011年~

単行本:ヤングジャンプ・コミックス

[以前の記事→1~4巻/5巻/6巻/7巻/8巻

 

 

 

 

漫画である『ねじまきカギュー』は無論、絵をたのしんでこそ。

鎖つかい、「双子」の貞鳥・亜鳥の、血みどろのあやとりとか。

 

 

 

 

だが単行本をひもとき印象にのこるは、中山語とでもいうべき言辞。

「専守過剰防衛」。

受動的でありつつ、過度に攻撃的な、姉妹のふるまいをさす。

「嫌敵手」とおなじく、反語的造語。

 

 

 

 

まもられる生徒会長は、戦闘中、セレブらしく余裕綽々。

 

 

 

 

「思い人のため」「友人のため」という、カギューたんの行動原理を、

J-POP風の幼稚なロマンチシズムと切り捨てる。

「全校生徒のため」、これこそ正義と。

 

 

 

 

ただ、信条の是非をとう議論は空疎。

中山語は、行動に配合されてはじめて、重きをなす。

 

 

 

 

カギューたんは意外とヴォキャブラリー豊富。

 

お前らは…許さん

全身全霊 全骨 全肉 全血を以て

お前らを倒す

 

口数すくないが、発する言葉は、異彩をはなつ。

 

 

 

 

「一撃必沈」。

「殺」を「沈」にするだけで、深遠にひびく。

 

 

 

 

9巻でもつともすきな場面。

マブルゥが妹をかたる。

 

十兵衛(あいつ)もう あたいとの約束頭にねェな

昔から1コのことしか覚えらんねェ トコロテン脳だからなァ…

 

視野のせまい人間を、トコロテンにたとえる比喩はもともとある。

でもカギューたんが天突きとなり、マブ姉をブリューンとおしだす絵がおかしい!

分裂してるし(笑)。

マブルゥの妹への愛と、本人の達観ぶりを、一コマであらわす。





ねじまきカギュー 9 (ヤングジャンプコミックス)ねじまきカギュー 9 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/04/19)
中山敦支

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 中山敦支 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03