大石あやかと表現の自由

月曜、元アダルトビデオ女優「大石あやか」の代理人をつとめる辯護士からメールが。

彼女の著作権・肖像権・名誉・プライバシーを侵害する、ある記事をまるごと削除しろと。

48時間以内に対応せねば、法的手段を検討すると。

二往復のやりとりをへて、ボクは画像と、個人特定や属性に関する記述をけした。

現時点で代理人から返答なく、これで収束したか不明。

 

「表現の自由」なんて、はかないもの。

たとえ事実の記録でも。

書く意味があると信じて書いたのに、それで傷つく人間の主張の方がつよい。

自分の執筆活動は正義だ、といえる基盤はどこにもない。

 

大石は辯護士の力をかり、ウェブ上の痕跡をけしている。

アマゾンやDMMで検索しても、なにもかからない。

通販サイトが経営上の判断として、手をひくのはわかる。

でもなぜ写真家・篠山紀信まで、自身のサイトで要請に応じたのか。

老巨匠が、表現の自由の砦とならずして、なんの存在理由があるのか。

 

わかつたのは、「表現」が利己的な本質をもつこと。

ビジネスでしかない。

しかもあくどい商売で、往々にして他者を泣かせ、苦情がはいると頬かむりして逃げる。

そういう本質をもつ。

この文章でさえ、ボクは内心、アクセス稼ぎを意識している。

 

 


 

 

大石の要請は正当だが、ボクにも言い分はある。

 

ビデオ公表から10年以上経過しており,貴殿の主張する

公の事実について書く権利は大きく後退していると考えられます。

 

表現の自由は、時とともに大きく後退する、と辯護士は主張。

では、いま目の前にある、このDVDはなにか。

アルゾンで5万円の値がつくこのブツは。

著作権や名誉感情が不変で、なぜ表現の自由だけうしなわれるのか。

憲法が保障する権利でないのか。

 

いや、そんな理屈はよい。

キシンがやらないならボクがやる、それだけ。



関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03