紺野キタ『女の子の設計図』

 

 

女の子の設計図

 

作者:紺野キタ

発行:新書館 2013年

レーベル:ひらり、コミックス

 

 

 

 

ひさしぶりに母と妹がすむ家をたづねたら、ジャージ姿のイケメンがでて呆然。

髪をきつたせいで、妹の「青音(あと)」と気づかなかつた。

 

 

 

 

両親の離婚以来はなれてたが、父が二十歳下の女と再婚し、

いづらくなつたので、姉妹の同居生活がふたたびはじまる。

 

 

 

 

姉の「花南」がユーウツなのは、女子校へ転入すること。

 

だって女子校なんて ひとつの建物の中に 上も下も右も左も

女ばっかりみっしり詰まってんのよ

あー考えただけで気持ち悪い 女の園なんてゾッとする

 

 

 

 

女は結構、女がキライ。

 

奴らの容姿が並以下なのと 私がキレイなことに 何の因果関係もないっつの

基本女って 常に何かを妬む生き物なんだよね もう心底ウンザリ

 

青音はキライぢやないけど、妹だからノーカウント。

女嫌いの美少女、ボクはスキです。

 

 

 

 

いつもジャージの妹を見かね、服を貸す。

せつかくの美脚なんだから、ださないと勿体ないよ!

 

特にデニム地のワンピは、自分より着こなしてて、ちよつと嫉妬。

 

 

 

 

姉が着るとエッチな服になる。

デザインは気にいつてるから、ファスナーあけて羽織モノにしてた。

 

身体というカンヴァスに絵をかくのが女の子で、

ファッションは百合漫画の神髄。

シルエットのうつくしさへのこだわりなんて、女流作家(多分)ならでは。

 

 

 

 

踊り場でふたりきり。

ちかごろ不機嫌なわけを、姉に問いただす。

 

 

 

 

着せ替えごつこのあたりから、変調がすすんでいた。

占い師がカードをシャッフルする様に、運命はかわる。

 

「姉と妹」が、「王子さまとお姫さま」に。

 

 

 

 

女だらけの迷宮で、ひとり感じる痛み。

完璧すぎる夏服セーラーのシルエットが、乙女らを呪縛する。





女の子の設計図 (ひらり、コミックス)女の子の設計図 (ひらり、コミックス)
(2013/03/30)
紺野キタ

関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合   
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03