強姦と韓国

 

 

強姦と強制猥褻は、年平均8000件認知されている。

1時間に1件。

認知件数は、発生件数の10分の1にすぎないといわれる。

だが2000年以降、性犯罪は減少傾向にある。

 

 

 

 

さらに長期の推移をみると、1997年以前は年6000件を下回る。

性犯罪は、存在をみとめられなかつた。

いかに時勢に左右されやすい、精神的な現象であることか。

 

事実を認定するのもむつかしい。

夜道をあるいてたら、見知らぬ男におそわれ、殴られ、首をしめられ、衣服はやぶれ……。

そんな「絵にかいた様な強姦」は稀だ。

屋内だつたり、知人による事件がおおい。

直接の暴力や、怒声や、膣内射精をともなうとはかぎらない。

目撃者がいても、性的行為の気配を感じると、見ないふりしがち。

 

 

Ángel Della Valle『侵掠者の帰還』(1892年)

 

 

韓国は性犯罪の発生率がたかい印象があり、実際そうだが、

ボクも性に関し、かの国は野蛮とおもつてたら、偏見だつた。

 

韓国では性犯罪をさばくとき、裁判官が専門家の意見をきくことを義務づけた。

 

移動せず一か所で、心理面でも医療面でも安全を確保しつつ、

被害者に配慮した捜査をおこなう、「ワンストップ支援センター」を病院内に設置。

全国16か所にあり、24時間対応する。

 

センターで録画した陳述は證拠として提出され、

19歳未満または障碍をもつ被害者は、出廷しないですむ。

 

……などなど。

これらは2010年に制定された法にもとづく。

すみません、後進国は日本でした。

 

「嫌韓」でも「親韓」でもなく、もはや「習韓」の時代か。

同胞諸君、「K-LAWブーム」をおこそうではないか!?







【参考文献】

杉田聡・編『逃げられない性犯罪被害者』(青弓社)



逃げられない性犯罪被害者: 無謀な最高裁判決逃げられない性犯罪被害者 無謀な最高裁判決
(2013/02/16)
杉田 聡

関連記事

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03