柏原麻実『少女惑星』

第2話「白線」

 

 

少女惑星

 

作者:柏原麻実

発行:一迅社 2013年

レーベル:百合姫コミックス

 

 

 

 

うつくしい題をもつオムニバス。

 

少女宇宙、少女銀河、少女恒星、少女彗星、少女衛星、少女半球……。

どれもハマらない。

「少女銀河」なんてあるなら行つてみたいが、

やはり『銀河英雄伝説』とか、そこは男の領域だろう。

 

 

 

 

満員電車という、醜悪な空間でぐつたりした、黒髪少女。

登校初日から、ふたりは大遅刻。

 

男を汚物あつかいする言動にトキメくのが、百合男子のたしなみ。

 

 

第1話「花火が消えないうちに」

 

 

街の塾へかよいだした親友が、男子としたしむ。

中学生になつて女の子らしくなり、急にモテたりして。

周囲はみな色めきたち、自分だけおいてきぼり。

 

『宙のまにまに』(アフタヌーンKC)でしられる柏原麻実は、

「青年誌よりのパッキリした絵柄」と自称するだけあり、

百合で主流の、少女漫画調の流麗なトーンワークはもちいない。

いきなり宙に花が咲かない(笑)。

でも透明度のたかい空間処理が、これはこれで百合百合しい。

 

 

 

 

自宅でため息ついただけで、「塾を移りたい」という願望をみぬかれる。

「近所の公文が一番でしょが!!!」は作者の実体験だろう。

この印象ぶかい会話は、母娘関係が百合の原型である證明。

 

 

第3話「火の女王様と嘆きの下女」

 

 

朝、家をでるときモタモタしたら、「遅いよドンガメ…」とホラーフォントで毒づかれる。

沸点ひくい女王さまぶりが、雪景色にはえる。

 

ホットミルクにカイロに腹巻き、ここでは世話やきな母が登場。

ちなみに柏原は福島出身

 

 

1話

 

 

各話がゆるく関連するオムニバスゆえ、3話の雪の女王さまは、1話にもでていた。

百合という天体で、惑星のごとく、少女たちはさまよう。

 

 

2話

 

 

百合は小宇宙。

永遠に、心の牢獄につながれる。





少女惑星 (百合姫コミックス)少女惑星 (百合姫コミックス)
(2013/03/18)
柏原麻実


関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  百合姫コミックス 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03