三ノ咲コノリ『アルクアイネ -サンバベッジ妖精譚-』

 

 

アルクアイネ -サンバベッジ妖精譚-

 

作者:三ノ咲コノリ

掲載誌:『月刊少年シリウス』(講談社)2012年~

単行本:シリウスKC

 

 

 

 

舞台は、北欧の島国。

金髪の少女と、日本人留学生のものがたり。

 

目次からすでに、魅惑的。

 

 

 

 

ヒロインの「エイネ」は、市役所の「妖精発見課(アールヴェオリシオン)」ではたらく18歳。

八割が存在を信じるくらい、北欧人にとり妖精は身近なものらしい。

アイスランドには「妖精学校」なんてのもあつたり。

 

 

 

 

夜の森を探索。

なにがでても、おかしくない。

 

「自然享受権」が北欧ではみとめられ、だれかの所有地だろうと、

持ち主に損害をあたえないかぎり、自由に出入りし、採取などおこなえる。

 

 

 

 

さがすのは、『眠れる森の美女』のオーロラ姫を演じるバレエダンサー。

毎日深夜12時をすぎると、夢遊状態で、朝まで森をさまよう。

 

 

 

 

蒼林ふかくで、突如耳鳴りがはじまり、笑い声にかこまれる。

エイネはあやしい行動を。

 

 

 

 

自然は、超自然界への扉。

バレリーナでなくとも、非日常を表現する。

妖精さん、ありがとう!

 

 

 

 

少女探偵エイネたんが解説。

それは人を迷子にしてこまらせる、ピクシーのしわざ。

服をぬぐか裏返すと、解除できる。

 

 

 

 

ちなみに助手の「ハルアキ」(安倍晴明リスペクト?)は、カリグラフィー(西洋書道)をまなぶ写字生。

術式(スクロール)をかいて、魔力を増幅させる。

 

 

 

 

 

 

 

第6話は古書店の話。

初単行本とはいえ、背景などよい雰囲気。

 

 

 

 

夏至祭の、手書きの招待状をくばる。

フランク王国の公式書体だとか。

 

 

 

 

店の奥は、大きな博物館でしかみれない様な、貴重な写本がずらり。

ハルアキは大興奮だが、街の本屋にしては充実しすぎ?

 

 

 

 

目をはなしたすき、離れ離れとなるふたり。

 

 

 

 

書庫を迷宮になぞらえる筋はありふれてるが、描写がたくみで、フッと異世界へいざなわれる。

 

 

 

 

さらに巨大モンスターまで徘徊!

 

 

 

 

 

 

 

北欧美少女と、ムーミントロールの風景と、一目おかざるをえない蘊蓄と。

漫画のファンタジックな魔力を最大限あやつる、注目すべき新人だ。






アルクアイネ-サンバベッジ妖精譚-(1) (シリウスKC)アルクアイネ-サンバベッジ妖精譚-(1) (シリウスKC)
(2013/03/08)
三ノ咲コノリ

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03