小杉光太郎『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』

 

 

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

 

作者:小杉光太郎

掲載誌:『まんが4コマぱれっと』(一迅社)2011年~

単行本:4コマKINGSぱれっとコミックス

 

 

 

 

「御当地アイドル」の流行に便乗。

目のつけどころがよいデビュー作だ。

 

 

 

 

主人公は高校一年の「菜々子」。

流川市職員のおじさんに手伝いをたのまれ、アイドル町おこしイヴェントにきた。

いきなり、二千円やるからステージで歌えと要求される。

 

 

 

 

藪から棒に「流川ガールズ」結成!

 

紹介された相方の「ゆかりさん」は、美人でボンキュッボンで、ますます自信喪失。

特に胸が。

いつそツルペタなら、とおもえる中途半端さが。

 

 

 

 

もともとアイドルに憧れてたこともあり、どうにか舞台をこなす。

その場で2600円支給。

「これだけ?」と不満なのに、「市民の血税」ときくとズッシリおもい。

 

 

 

 

ケーブルテレビで和菓子屋さんをレポートするのも、責任重大でガクブル。

自分のしやべりが、店の評判を左右するとおもえば。

 

菜々子の実直さが、本作最大の萌えポイント。

 

 

 

 

突然の雨にあわてず、水着にきがえ、災いを福に転ずる。

クラスでも地味な女子が、ステージではアイドルに!

 

あつさりした絵柄だが、少女をかがやかせる魔法をしる新人だ。

 

 

 

 

ゆるキャラの「魚心くん」の応援で、全国ネットにちよいと出演。

おばあちやんたちは、総額27万円のAV機器をそろえた。

さつそく地元経済に貢献!

 

「アイドルが題材の漫画はみな駄作」と以前書いたのをよそに、

日常と非日常の境を曖昧にし、型にはまらない物語をつむぐ。

 

 

 

 

魚心くんの中の人は「ゆいさん」。

ふたりにまけずカワイイが、声優志望で、脚光をあびたがらない。

着ぐるみでバク宙できるのに……。

 

 

 

 

地方都市の世間はせまく、ゆいさんは高校の先輩。

純朴な菜々子より腰がひくくて、からみづらい。

 

たとえローカルアイドルでも、いじらしさは全国級!





普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。1 (4コマKINGSぱれっとコミックス)普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。1 (4コマKINGSぱれっとコミックス)
(2013/01/22)
小杉光太郎

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03