中山敦支『アストラルエンジン』

 

 

アストラルエンジン

 

作画:中山敦支

原作:村上ひでお

メカデザイン:松川健一

発行:集英社 2006年

レーベル:ジャンプ・コミックス

 

 

 

 

若さという苦痛の代償は、失敗がゆるされることで、

つまり中山敦支の処女長篇が駄作でもさしつかえないが、

かくしようもない個性がつたなさを埋め、船出は上首尾だつた。

 

 

 

 

隕石が月を破壊し、地軸がかたむき、水没した地球。

「エッジ」と「チコ」は、遺跡の盗掘をなりわいとする。

 

物のはづみで、軍警察におわれる少女を保護。

 

 

 

 

気をうしなつてる隙に、ワンピースのしたを物色。

はいてる下着で女の子の人柄がわかる。

 

ソラクリオネの「クッさん」に噛まれた。

 

 

 

 

少女の名は「ロランド」。

人とペンギンを見分けられないほどド近眼。

 

 

 

 

というより遠視。

望遠鏡いらずの高性能デスから!!

 

 

 

 

なにせ彼女はメイドロボット。

「アストラルエンジン」がもたらす高度な智能をねらわれる。

 

それにしても、乙女らの、媚びず、透きとおり、凛とした佇まいを、

新人作家はすでにモノにしていたのが感慨ぶかい。

 

 

 

 

 

 

 

軍警察の「お竜」と甲板でたたかう。

おつぱいを一揉みしてたしかめ、満足。

 

蹴り、掌底、ストレートの連打を、スイスイかわす格闘描写に切れ味あり。

 

 

 

 

超振動の剣で、高速巡回船をまつぷたつ。

渦まく夜の海。

これぞ「見開きのナカヤマ」の真骨頂。

原作つきの少年漫画として、ゆきとどいた仕事ぶり。

 

反面、死や闇など、個人的主題は表にでない。

 

 

 

 

それは上巻表紙にかかれていた。

「死ぬほどキツい」「死ぬまで全力で描く」「夜な夜な公園のブランコで暴れる」

 

変則ながら、「処女作には作家のすべてがある」という俗説があてはまる。

 

 

 

 

 

 

 

抵抗むなしく、軍警察にとらわれたロランド。

野心家「ランゲルハンス」をにらみかえす。

「これが本当に機械の目か……?」

 

みるものの脊髄を電流がかけおりる様な、目力。

 

 

 

 

多数にかこまれ、射撃されるエッジ。

 

 

 

 

身を盾とするロランド。

幸福なほほえみ。

 

このモティフは、のちの作品ごと、純度をたかめつつ反復される。







アストラルエンジン 上巻 (ジャンプコミックス)アストラルエンジン 上巻 (ジャンプコミックス)
(2006/01/05)
中山 敦支

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 中山敦支 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03