中山敦支『こまみたま』

 

 

こまみたま

 

作者:中山敦支

発行:集英社 2007年

レーベル:ジャンプ・コミックス

 

 

 

 

四つある中山敦支の長篇の二つめで、もつとも不発の作品。

 

見開きの構図など、才幹は片鱗どころでなく発揮されてるが、

MJ休刊もあつてか、集英社は彼をそだてられなかつた。

 

 

 

 

主人公は女子高生の「サクヤ」で、神主の娘。

神社にすむのはカギューたんと共通だが、より和風アクションを志向する。

 

それにしても、七年前の本作をよみかえすと、中山の作風が日本的でないのを痛感。

庭にタヌキが出没する様な、鹿児島のはづれの出身だからか。

 

かくし部屋でみつけた狛犬の描写は、かりてきた猫みたい。

 

 

 

 

一方、『ねじまきカギュー』7巻とおなじく、森や夜の闇がみごと。

原風景だろう。

 

 

 

 

千年ぶりに封印をとかれ、イケメンとなつた二匹の狛犬。

……ふむふむ。

 

つぎなる長篇『トラウマイスタ』が、ピカソだのダ・ヴィンチだのニーチェだの、

バタくさい素材をぺろり咀嚼するのとくらべると、作家の特異性は蕾のまま。

 

 

 

 

 

 

 

『こまみたま』のもうひとつの意義は、女性が主人公であること。

ただ華奢な造形は少年をおもわせる。

 

 

 

 

サクヤには力がない。

母の形見である犬笛で、狛犬を服従させるくらい。

 

 

単行本おまけカット。貧乳ヒロインが不満らしい

 

 

ときは2007年。

カギューたんの螺旋巻拳が炸裂するまで、あと4年。

中山敦支はまだ、「少年漫画」の型紙にあわすしかなかつた。

 

 

 

 

 

 

 

おさないころ、病弱な母と遊園地であそぶ約束をした。

たのしみにしてたのに、容態急変。

落胆するサクヤを気づかい、父が無理につれてゆく。

 

 

 

 

そこには息絶え絶えの母が。

「な……なんで?」

「なんでって、一緒にいこうって約束したじゃない」

 

自己犠牲なんて、手垢まみれの四字をつかうのもおこがましく、

呼吸する様にさりげない、死と背中あわせの生。

 

 

 

 

失敗作さえ、うつくしい。

それが表現者たる證。






こまみたま (ジャンプコミックス)こまみたま (ジャンプコミックス)
(2007/06/04)
中山 敦支

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 中山敦支 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03