小野ハルカ『氷の国の王子様』2巻 冷徹なるスケート女子たち

2巻表紙

 

 

氷の国の王子様

 

作者:小野ハルカ

掲載誌:『週刊少年サンデーS』(小学館)2012年~

単行本:少年サンデーコミックス

[第1巻の記事はこちら

 

 

 

 

赤毛、そして、蒼と紅にきらめく瞳。

 

べらぼうな厨二病設定と、まつとうなアイスホッケー描写と、

あでやかな少女たちが交錯する本作は、全三巻の中盤を颯爽と駆けぬける。

 

 

 

 

アリシア・ウインターズ。

「氷上の戦乙女(ヴァルキリー)」を自称。

 

王子さまことアーサー・ウインターズとは、血のつながらないイトコらしいが、

ムダに高貴なふるまいと、ギャグ一歩手前の通り名は、肉親としかおもえぬキャラ立ち。

 

 

 

 

丁々発止!

ポジションはDFで、天才アーサーと互角のせりあい。

 

眼帯女子とか、ヘテロクロミア女子とか、本当カッコイイよね!?

 

 

 

 

 

 

 

前巻登場キャラも見せ場たつぷり。

ノホホンとしてるが、スティックさばきはチーム一のハナちやん。

 

 

 

 

得意の背中をまわすハンドリングで得点。

姫乃ちやんと樹里ちやんも大喜び。

 

作者は髪の流れを描くのがうまく、リンクにはえる。

 

 

 

 

ロシア人監督のシスター・ソフィアは、ベンチから異能力発動。

 

 

 

 

目視で脈拍をかぞえ、試合展開を予測した。

(ただしやりすぎると吐血)

 

 

 

 

 

 

 

さあ、ついにプリンセス降臨!

ジェニファー・ウインターズ。

フィギュアスケートのカナダ代表選手。

 

出奔したアーサーをつれもどすため来日した。

それにしても、ざくざく読者のツボを突く漫画だ……。

 

 

 

 

再会を祝福。

フィギュア選手ながら、SM……もとい、氷上の格闘技もこなす。

 

 

 

 

ふたりはイトコ同士で、婚約している。

一応相思相愛らしいけど、ジェニーは支配欲がつよすぎるのか、

いいなづけが自由すぎるのか、氷もとけるほどヤキモチをやく。

 

つよく、かしこく、うるわしく!

いよいよ白熱する第2巻だ。






氷の国の王子様 2 (少年サンデーコミックス)氷の国の王子様 2 (少年サンデーコミックス)
(2013/01/18)
小野ハルカ

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03