我孫子祐『スライムさんと勇者研究部』

最終戦争ちかし

 

 

 

 

スライムさんと勇者研究部

 

作者:我孫子祐

掲載誌:『別冊少年マガジン』(講談社)2012年~

単行本:講談社コミックス

 

 

 

 

壁に耳あり障子に目あり。

天井にゴーレムあり。

 

建物と融合できる「ゴーレムさん」が活躍する、「ドラクエインスパイア系」の漫画だ。

 

 

 

 

後輩にツッコむときは、壁を経由。

 

舞台は、勇者と魔王の戦いの二千年後。

勝つたのは魔王だつた。

ただ世界が平和をとりもどすにつれ、人類は魔力をうしなう。

 

 

 

 

青いリボンがすてきな後輩は、水をあびるとスライムに!

 

勇者復活がちかづき、魔力を覚醒させる若者が各地にあらわれた。

 

 

 

 

こつそりトイレで変身したところ、先輩にみつかる。

 

天然のウォーターベッドは快適すぎて、つい居眠り。

しつぽりと濡れつつ、まじわるさまは、見様によつては相当エロい。

 

 

 

 

「キメラさん」は、動物と一体化する合成獣。

普段はブアイソだが、猫とまじると愛嬌たつぷり。

 

 

 

 

三人は勇者研究部員として、休日も魔王城で歴史の勉強。

どうみてもただのお出かけだが。

キメラさんのワンピは、おばあちやんが買つてくれたもの。

私服で個性を描きわけるあたり、初単行本とおもえぬ高レヴェル。

作者はどこで経験値をかせいだのか。

 

スライムさんたちは、ドラクエ的に雑魚キャラ。

勇者の剣ひと振りで瞬殺される。

だがモンスター同士団結すれば、対抗できるかもしれない。

 

それは、百合という特攻作戦。

 

 

 

 

 

 

 

ある雨の放課後。

同級生の「山田勇作」と相合い傘で下校。

 

 

 

 

いい雰囲気となるが、結局スライム化。

 

勇者の末裔らしき勇作は、ラブコメの王道をゆく。

つまり「魔物 対 勇者」のハルマゲドンは、

「百合 対 ラブコメ」、二大恋愛思想の雌雄を決する戦争でもある。

 

 

 

 

不意に挿しこまれる、灰燼に帰した世界の風景。

ゆるふわぷにぷにな日常にただよう終末観を、みごと表現する。






スライムさんと勇者研究部(1) (講談社コミックス)スライムさんと勇者研究部(1) (講談社コミックス)
(2012/12/07)
我孫子祐

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  犬・猫 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
著者

犬塚ケン

犬塚ケン

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

読書メーター
犬塚ケンの最近読んだ本