美術館は無法地帯 ― 「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」をみて

ジョン・エヴァレット・ミレイ展

会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
(8月30日~10月26日)


両親の
《両親の家のキリスト(「大工の仕事場」)》 1849-50年

会場にはいって数分後、《両親の家のキリスト》に心うたれた。

イエスたんギザカワユス(*´д`)

上の画像をクリックすれば拡大して見ていただけるのだけど、
やはりモニター越しではきびしいかな。
でもあやまって手に釘をさしてしまったイエスの表情が本当にかわいらしい。
やわらかな金髪、ほっそりとした首や顎の輪郭も可憐だ。
二十歳のミレーによる、このはじめての本格的宗教画は、
聖家族をなまなましく描きすぎたことで酷評されたそうだ。
マリアの表情がみにくい、とかなんとか。
しかし、美術史の知識がまるでないので無責任に想像するのだが、
当時の見物人がおこったのは、本作のイエスがかわいすぎるからではないか。
さすがにイエスさまに欲情するのはまずいだろう、と。
たしかに、心配そうなママにキスをする美少年の
口もとをみていたらだれでもドキドキしてしまうはず。


オフィーリア
《オフィーリア》 1851-52年

こちらはいわずとしれた代表作。
オレ、これ生でみたことあったっけな?
鬱蒼としげる草木にかこまれた緑だらけのキモチワルイ絵で、
正直つまらない作品だとおもっていた。
今回じっくりとみてみると、オフィーリアのはっとするようなうつくしさに気づいた。
モデルのエリザベス・シダルは、真冬に浴槽のなかで長時間ポーズをとらされて
ひどい風邪をひいてしまったらしい。
おかげで傑作ができたのだから、
われわれはモデルの努力に感謝しなくてはならない。
でもこの作品もどこか病んでいる。
オフィーリアの頬はほんのりと赤らみ、瞳には光がのこっていて、
とてもではないが死体にはみえない。
そもそも手つきがおかしい。
男に抱かれるのをまっているようだ。
この土左衛門はみるものを屍体性愛へと誘惑している。


連隊
《連隊の子ども》 1854-55年

右手に包帯をまいた少女が軍服を毛布がわりにしてねむっている。
この女の子もかわいいのだが、寝床が教会の石棺なので不吉きわまりない。
「萌えてよいのか?」という罪悪感がオレをまどわせる。
だらしなく垂れさがった両足と、ずり落ちそうで落ちない軍服が
微妙な物理的均衡をたもっていて、全体の構図に緊張感がある。
少女のやすらかな寝顔がかえって死を連想させるすばらしい作品だ。


二十代なかばでこれほどの技量を身につけたミレーは、
画壇からの非難を実力で賞賛へとかえてしまった。
ロイヤル・アカデミーの総裁になるなど、安定した地位を獲得する。
一方で作風は年をかさねるにつれおとなしくなってゆく。
藝術家の創造性のピークは大体四十代におとずれるものなのだが、
ミレーの場合はわかくして枯れてしまったようだ。
画面から張りつめた感覚が消えうせて、倒錯した趣味も表にでてこなくなる。


ハート
《ハートは切り札:ウォルター・アームストロングの娘たち、
エリザベス、ダイアナ、メアリーの肖像》 1872年

しかし四十三歳のときのこの作品はよかった。
わかい三人がカードあそびに興じているのだが、
性的な含意をもつタイトルがうまい。
左の娘は手札をながめていて、
真ん中は右の娘をみているのではなく、よそ見をしているようだ。
表情にしまりがなく、ゲームに集中できていない。
濃い色の瞳をもった右の娘は、なぜかこちらにつよい眼差しをなげかける。
鼻筋のとおったかしこそうな顔だちで、カードをにぎる手には力が感じられ、
よそ見をしつつもゲームへの関心はうしなっていない。
手札をかたむけすぎて相手にみえそうになってはいるが、
まだみられてはいないようだ。
おそらく手前がわにすきな男がやってきたのではないだろうか。
わたしのハートをあなたにだけ見せてあげるわ。
「ハートは切り札」というわけで、三人娘が本当にあらそっているのは、
素敵な結婚相手をみつける恋のゲームなのだ。
のんびりしているほかの二人に抜け駆けする、
右の娘のずるがしこさに萌えてしまう。
規則違反がもたらす罪悪感は、
藝術作品をよりなやましいものにかえる最高の調味料だ。
関連記事

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03