中山敦支『トラウマイスタ』

覚醒まで、あと数刻

 

 

 

 

トラウマイスタ

 

作者:中山敦支

発行:小学館 2008~9年

[少年サンデーコミックス]

 

《注意》

以下の文章では、物語の核心にふれています。

 

 

 

 

いくばくかの媚びを感じる作品。

 

『月刊少年ジャンプ』休刊(SQよりおもしろかつた)で拠り所をうしなうも、

中山敦支は持ちこみが認められ、『週刊少年サンデー』の連載をはじめる。

格上の雑誌で、むしろ好機にめぐまれた。

 

主人公の妹が「コナンもう飽きた」と毒づけば最高だが、そうゆかぬ事情があつた。

妹評論家としては、印象うすいキャラと批判せざるをえない。

 

 

 

 

主人公「ピカソ」と相棒「ゲルニカ」の、出会いの場面。

 

 

 

 

ピカソは幼少時から「鬼」が苦手。

それを倒して、したがえる。

おのがトラウマとむきあい、真の自由を手にいれよ!

 

……そんな哲学・心理学的寓意がある。

ただ絵にすると『うしおととら』の亜流にみえなくもない。

 

 

 

 

敵がつかうアートマン(本当の自己)の「モナ・リザ」。

 

 

 

 

猫耳フードの男「ダヴィンチ」があやつる。

やや大袈裟な愛情表現は、『ねじまきカギュー』のマブルゥがうけつぐ。

 

 

 

 

ヒロインの「スジャータ」さんと、夜空でデート。

 

 

 

 

伏線はあつた。

が、フラグはたつてない。

 

 

 

 

ダヴィンチは腹にしこんだ爆弾を、期限を無視していきなり起爆。

理不尽な暴力。

 

 

 

 

最終第五巻。

打ち切りのきまつた物語に、作家はオトシマエつける。

 

 

 

 

憤怒、絶望、無力。

青山剛昌には描けない絵だ。

 

 

 

 

無慙に、そしてよろこんで喰われるモナ・リザたん。

アートマンがアートマンを吸収し、世界ごと丸呑み。

 

 

 

 

おそらく本作は、木城ゆきと『銃夢』(中山も好きな作品にあげる)の影響下にある。

漫画で哲学をかたる。

成功し、失敗した。

 

 

仲間の「ファーブル」の生い立ちがえがかれる第三巻

 

 

人気という意味では後者。

描きたいことが山ほどあるのに、描かせてもらえない。

漫画史にのこる傑作になつたかもしれないのに、

「不遇な打ち切り作品」として漫画オタクの慰みものに。

最終巻は悲歎で満つ。

 

 

 

 

逆説を弄する様だが、『トラウマイスタ』自体が、作者のトラウマとなつた。

絵で、感情をあらわせても、哲学はかたれない。

 

 

 

 

漫画は、ベタで王道がよい。

 

またも掲載誌をうしなつた中山敦支は、

『ねじまきカギュー』でナザレのイエスのごとく復活。

そこで登場人物は、「行動」で思想を表明し、「格闘」で議論する。

別人が描いたみたいに突き抜けている。






トラウマイスタ 1 (1) (少年サンデーコミックス)トラウマイスタ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
(2008/11/18)
中山 敦支

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 中山敦支   
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03