ODB48、そして『逆転裁判5』

『ファミ通』(エンターブレイン)9月20日号

 

 

『ファミ通』最新号や公式サイトで、『逆転裁判5』(カプコン)の情報があかされた。

だれやねんという印象だが、辯護士・成歩堂龍一復活だ。

立体視をともない。

 

ディレクターに抹殺されかけた4はなんだつたのか。

その巧舟は本作にかかわらない。

 

逆転裁判信者が前作にあびせた罵詈雑言は、いまだゆるしがたい。

1・2・3とすこしでも違えば拒絶反応。

死ぬまでGBAであそんでろ。

過去とおなじ現在を肯定しない、作家魂に対する敬意が皆無。

結果として、唯一無二の才能はシリーズから手をひいた。

 

これぞ自業自得だよバーカ。

 

 

 

 

5の制作者は『逆転検事』シリーズのひとだそうで、予習に廉価版の2を買つた。

 

別のゲームだな。

だれも巧舟になれない。

わかつてるのに、あのキテレツな個性をなぞらねばならない。

心躍らぬアドヴェンチャーだ。

 

 

 

 

ヒロインの一条美雲は「大ドロボウ」を自称する。

女の子をあつめドロボウユニットをつくるのが夢。

 

底抜けにあかるい、巧ヒロインの系譜にちかい造形。

ただハジけ具合がたりない。

 

 

 

 

だれもタクシューになれないが、それでもシリーズはつづく。

世に模倣ほど容易なものはない。

 

新ヒロインは名前も未公開だけど、シラーッて軽蔑顔がいかにも。

真宵ちやんは出ないとか。

 

ボクはマヨイファンだが、それでよいとおもう。

ドット絵至上主義者だが、3Dでの描画もたのしみ。

カプコンの開発力なら、それらしく調整するだろう。

 

レイトン教授に浮気してるヤツに遠慮する義理はない。

コピーをくりかえすうち、いつしかオリジナルはわすれられ、

そこにオルタナティヴが誕生するかもしれない。

 

 

 

 

このひとさえいれば、だれがなんと言おうと、それは逆転裁判だ。




関連記事

テーマ : 3DSゲーム、3DSニュース、3DS情報
ジャンル : ゲーム

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03