『デンキ街の本屋さん』のカメ子はカメラカワイイ

 

 

デンキ街の本屋さん

 

作者:水あさと

掲載誌:『コミックフラッパー』(メディアファクトリー)2011年7月号~

単行本:MFコミックス フラッパーシリーズ

[当ブログの記事はこちら→一巻二巻

 

 

 

 

三巻でも、カメ子はかわいく、ちよつと切なげ。

 

夏コミ終了後、打ち上げをしに温泉施設へきた、仲良し七人組。

秋葉原のコミック専門店「BOOKSうまのほね」の店員一同だ。

 

浴衣姿がうれしいカメ子の一眼レフには、三組のカップリングが。

撮影者はあぶれた。

奇数だから。

「自分はそんな、表舞台に立つ人間じゃないんで」

 

 

コスプレでクリスマスパーティ(第二巻)

 

 

カメ子の控えめなコケットリーについて以前かいた

 

オタクがオタクにオタクな商品を売りさばく本屋でも、

ボーイ・ミーツ・ガールの舞台にちがいなく、それぞれリアルが充実。

 

ファインダーばかり覗いてないかぎり。

 

 

 

 

漫画単行本の命、表紙をみよう。

記念すべき第一巻。

右下の折り返し部分で、ひおたんを狙う。

戦場カメラマンみたい。

 

 

 

 

第二巻は裏表紙に登場。

積み上げた陳列を撮影する。

数秒後、エロ本に興奮したひおたんに破壊されるだろうが。

 

 

 

 

三巻。

腐ガールのパンツを盗撮!

カメ子は漫画史上最高に、折り返しが似合うキャラだ。

 

 

 

 

本作の名物、宴会オチ。

第七話では、海雄が夜を徹しギャルゲーのヒロインをかたる。

 

 

 

 

第十二話はラノベについて。

とつくにみな潰れ、先生さんなど隙間にはさまつてるのに、

カメ子はせつせとお酌する。

 

 

 

 

梅雨どきの十三話。

悩みといえば、髪がまとまらないこと。

ストレートすぎる髪質の先生さんは、女子つぽい会話に加われず落胆。

 

コソコソ通りすぎるカメ子を、ひおたんが呼びとめる。

「(くせっ毛の)カメちゃんとか大変なんじゃない?」

するどい。

 

 

 

 

アフロカワイイ。

こんな見せ場をもうけるなんて、作者はカメ子が好きなんだなあ。

 

ありきたりな創作の原理について述べるなら、

作者の人格は各キャラクターに分散してえがかれる。

ひおたんも、先生さんも、海雄も、カントクも、水あさとの分身だ。

でも作家である以上、特別な存在がひとつ。

観察者としての自分。

世界を、他者を、なにより自己を、熟視する。

 

カメ子には幸せになつてほしいけど、多分そうならなそう。





デンキ街の本屋さん 3 (フラッパー)デンキ街の本屋さん 3 (フラッパー)
(2012/08/23)
水 あさと

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03