コザキユースケ『どーにゃつ』

 

 

どーにゃつ

 

作者:コザキユースケ

掲載誌:『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)2012年~

単行本:ヤングガンガンコミックスSUPER

 

 

 

 

のびして、まるまる、「どーにゃつ」。

ネコに似なくもない。

されこうべのほか、人の気配のない新宿。

ドーナツ化現象?

 

 

 

 

串刺しのJKが天をあおぐ。

LABI新宿東口館に空洞が。

エスパス日拓、たのめーるの看板、モード学園コクーンタワー。

 

いつもクールな、コザキユースケ先生らしいパースペクティヴに安堵。

 

 

 

 

でもやはり、ゆるキャラが歌舞伎町を闊歩する。

これもコザキ作品と、うけいれるしかない。

 

先導する「ベーガル」は濱元隆輔がデザインした。

お仲間との悪ノリ?

スピードグラファーだろうとバトルシスターだろうと、

なんでも描ける自分に酔つてる?

 

 

 

 

どーにゃつは第一巻で六回ゲロをはく。

習性が、妙な部分だけリアルに描写される。

 

 

 

 

 

 

 

「バームクーガー」は機械につよく、太陽光に電源をえて、

軍事衛星のハッキングをこころみる。

 

 

 

 

ソーラーパネルは昼寝スポット。

破滅した世界でも、ネコ(的な生物)だけは優雅だ。

 

 

 

 

スイーツ(笑)系女子の「ローニャ」とお出かけ。

新宿なら伊勢丹よね!

 

ロールケーキとツンデレキャラの相性は抜群。

ショートケーキとイチゴのそれに匹敵する。

さえわたる意匠。

 

 

 

 

紀伊國屋書店。

人類は、ゆるキャラに智性を託す。

 

作者の父はネコの絵をかき、母はネコの人形をつくる。(くわしくはこちら

コザキ先生にとり、ネコ(的な生物)漫画の創作は、アイデンティティへの挑戦だ。

悪ノリでも自己陶酔でもない。

 

 

 

 

ドーナツのごとく円環をなす時間のなかで、

おのれしか描けない幻想がひろがるパラドクス。

 

コザキユースケ、波にのつている。





どーにゃつ(1) (ヤングガンガンコミックススーパー) (ヤングガンガンコミックスSUPER)どーにゃつ(1) (ヤングガンガンコミックススーパー) (ヤングガンガンコミックスSUPER)
(2012/08/25)
コザキ ユースケ

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03