なぜ軋轢が生じたのか

ボクの心がせまいから。

……それは事実だが、もうすこし経緯を分析する。

 

 

 

 

日曜夜、『pixiv』で「ルキナ」のタグがつくイラストを漁つた。

総数約450。

全部みた。

眼精疲労で目はショボショボに。

 

 

 

 

3~40枚ほど、PCにダウンロードした。

「Picasa」をもちい整理する。

バトル系、ラブ系、家族系、トレス系に分類し、

比較検討のうえ出来の劣るものは捨て、13枚にしぼる。

流れを意識し、物語が感じられる様にならべた。

「熱く、甘く」から「父の日」への落差は、我ながらあざとい。

 

イラストを編集するとき、ボクは昂揚する。

作業はさほど時間を要しないけれど、

それでもすべてが自分の作品とおもえるくらい。

写真において「撮影」と「編集」は、まるで異質の営為で、

ときに後者のほうが鍵をにぎるのに似る。

 

 

 

 

前回の「リズ篇」にコメントをくれたのはYさんだけ。

当然、彼女を念頭におきイラストをえらんだ。

エロが不快感をあたえることは想定していたが、

一枚くらいなら見逃してもらえるだろう、と高をくくつた。

 

あまかつた。

おそらく、個人的な侮辱とうけとられた。

その反応はただしい。

だつて実際に、彼女を意識して書いた記事だから。

でも編集者である自己が、書き手である自己に優越し、そそのかした。

 

Yさんに喜んでもらいたかつた記事は、真逆の結果をもたらす。

ボクは狼狽した。

 

 

 

 

ボクは絵が描けない。

精確にいうと、なにやら醜悪な物体しか描けない。

こんなに絵が好きなのに。

バカみたいに漫画を買い、毎週美術館へ足をはこぶのに。

 

漫画をスキャンする作業はむなしい。

ギュウギュウ単行本を押しつけながらスキャナをつかう。

傾き補正し、トリミングし、明るさやコントラストやRGBバランスを調整する。

ちまちまと。

800%に拡大し、ドット単位で修正したりする。

どこからどうみても奴隷だ。

 

偏見かもしれないが、音楽や絵やサッカーなどの才能の持ち主は、

持たざるものの目に、天使のごとく傲慢に映ることがある。

Yさんから否定的な意見をうけとり、窮鼠が猫を噛む様に、ボクは反論を投稿した。

それはささやかな、奴隷の反乱だつた。

ひどい失敗におわるが。

 

 

 

 

それでもボクのPCは、「Picasa」を起動しつづけるだろう。

あの写真をいじり、この絵をならびかえ、

きつとそれがいつか、創造的破壊になる日を夢みて。





関連記事

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03