烏丸渡『NOT LIVES』第二巻・狩野兄妹戦

命懸けの対戦ゲームの残酷さ

 

 

 

 

NOT LIVES -ノットライヴス-

 

作者:烏丸渡

掲載誌:『月刊コミック電撃大王』(アスキー・メディアワークス)2011年~

単行本:電撃コミックス

[以前の記事はこちらを参照のこと]

 

 

 

 

ふわり、三つ編みの少女。

スキル「バルーン」をつかつている。

 

 

 

 

普段は車椅子。

切ない願望がスキル構成に反映。

 

 

 

 

体のよわい妹を介抱する兄、という王道。

応援せずにいられない。

これからはじまるのは殺し合いだが。

 

「漫画の描き方入門」みたいな本に載つてそうな、烏丸渡の作風。

クセもアクもない。

それにしてもこの二ページ、見れば見るほど完璧なコマ割りだ。

兄妹ものが好きだからいつてると思われたら心外。

 

 

 

 

狩野兄妹は、一狼(いちろう)が「プレイヤー」で、弦美(いとみ)が「アバター」。

治療のため危険な遊戯に手をだした。

 

「バルーン」と「ホーミング」の組み合わせは、

近距離型の主人公チームにとつて相性最悪。

 

 

 

 

ところでこちらは、二巻で登場する獅門先生。

ゲームを目の敵にする。

生産性がなく、不健全だから。

『脳トレ』や『Wii Fit』で市民権を得たつもりらしいが、調子にのるなよ!

……よく御存じで。

 

 

 

 

われらが三神シゲルはプロのゲーム製作者。

そのプレイも生産的。

先手をうち必勝パターンにハメてきた狩野兄妹のスキルを解析し、

それを「弾幕シューティング」と解釈することで、解決策をみいだす。

 

 

 

 

激戦のほどは単行本でたしかめるべし。

致命傷をおい地に堕ちたバルーン使い。

たがいに納得づくの「ゲーム」とはいえ、残酷すぎる。

 

 

 

 

本作の象徴、削除シーン。

第二巻は、空間がクシャクシャに丸められ、ポイ捨てされる。

 

獅門先生はただしい。

結局ゲームは非生産的で、破壊的だ。

 

 

 

 

まるでゲームに無関心の幼なじみ、いつきちやん。

いづれ彼女もたたかうのか。

 

烏丸渡は王道をゆく。

そして優等生的な絵柄で、非道の世界をえがく。





NOT LIVES 02 (電撃コミックス)NOT LIVES 02 (電撃コミックス)
(2012/07/27)
烏丸 渡

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03