たかみち『ゆるゆる』第二巻

数学的美をしるす藝術

 

 

 

 

ゆるゆる

 

作者:たかみち

掲載誌:『月刊ヤングキング』(少年画報社)2008年~

単行本:YKコミック

[以前の記事はこちらを参照]

 

 

 

 

たかみち先生は不幸だ。

ふらり寄つた書店で「たかみちの新刊」をみつける喜びをしらないのだから。

 

 

 

 

第33話。

写真部の小梢さんが、F1.4のあかるいレンズで撮りまくる。

自然体のみさきは、よりワイルドに!

元気なハルカは、より躍動的に!

 

 

 

 

賢いユキは、よりスマートに。

ボクはあかるいレンズが売りのGRDをつかつてるが、

カメラの智識もイラストの智識も皆無にひとしく、

なぜ絵で焦点距離を表現できるのか、どうにも言語化できない。

どなたかおしえてください。

 

 

 

 

仏頂面の久保田きょうこさんは、よりドライに!

智的なルックスながら、成績は残念な久保田さん。

たかみちブルーを背景に仁王立ち。

運慶をこえた。

ただし第29話扉絵で風に舞う満点の答案用紙は、本人の妄想みたい。

 

 

 

 

お昼に浜茶屋「海盛亭」へ突撃。

水泳部のみさきはカツカレーを食べる気満々。

たかみち世界の少女は肥満と無縁で、カロリー計算なぞ必要ないが。

 

 

 

 

三人で「特盛カツカレー(2000円)」をシェアする。

3で割れば一人前より得だから。

写真部員ユキは計算だかい。

もつとも作者の視点に寄り添うキャラだ。

 

 

 

 

ある夏の夜、ひとり自室で。

ぞわぞわ悪寒が。

 

 

 

 

違和感の原因は、怪談本(ハルカのもの)の順序がズレていたこと。

多分。

霊的存在すら、数学的に処理される。

 

 

 

 

ユキの嫌いな食べ物は、強いていうなら、鶏肉。

ううん、唐揚げとか好物なんだけど……。

でも牛や豚より、一羽からとれる肉の量がすくないでせう?

命の比重がおもいかなつて、ちよつと気が引けちやつて。

 

この心のうつくしさ!

そして、算盤勘定のたくみさ!

やはり言語化しようがない。

 

 

 

 

真夏日、たかみち少女がおよぐプールで溺れるなら、

なんら悔いなく死ねると断言できる。

すくなくとも唐揚げにされるニワトリよりマシとおもえる。






ゆるゆる 2 (ヤングキングコミックス)ゆるゆる 2 (ヤングキングコミックス)
(2012/07/19)
たかみち

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: たかみち  百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03