小谷野敦の『俺妹』評

 

 

伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(電撃文庫)

 

評者:小谷野敦

掲載サイト:『Amazon.co.jp』

概要:見ために反しオタク趣味をもつ妹に翻弄される、人気のライトノベル

 

 

 

評者の肩書きは、比較文学者・評論家・小説家。

簡単にいうと文学が専門のコワモテの学者先生で、

そういう人がラノベを論じ、「直木賞をとってもいい」とまで称讃するのがおもしろい。

 

見た目のラノベっぽさに比較して、プロットはきわめて古典的である。

文章、語彙などもきわめて整っている。(ただ「逆鱗」の使い方はちょっと気になった)

 

ラノベは偏見を持たれがちだが、文学作品としての質を備えていると評価する。

大まじめだ。

 

パターンが出尽くしてしまった直木賞系小説に対して、

いわば王朝物語の末流に対する浮世草子の登場を思わせるものがある。

 

「ラノベ=浮世草子」説!

日本文学史の流れのなかに位置づける。

ホントかよと面食らう力技。

 

 

このレビューを俯瞰すると、評者は私小説/純文学を称揚する目的で、

ラノベを直木賞系の大衆文学へ混入させ、価値体系を乱そうとしている。

そんな戦略的行動が、アマゾンを舞台に遂行されるのが、いまという時代を感じさせる。

 

 

 

【評価】

文体:★★★★☆ まあ芥川賞候補となった小説家でもあるし

情報:★★★★☆ 短文だが、説得力あり

熱意:★★★☆☆ 決して上から目線でないが、背景が透けて見える

平均点:3.7 ウェブ上のレビューは、意図も経緯もさまざま

 

『Review the Reviews』から転載)



関連記事

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 本・雑誌

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03