板倉梓『タオの城』

九龍城に似たスラム街での、せつない人間模様

 

 

 

 

タオの城

 

作者:板倉梓

発行:芳文社 2012年

レーベル:芳文社コミックス

 

 

 

 

ビル風で涼むノラネコ。

彼女の名は「タオ」。

 

 

 

 

日本のどこかの街にある公共団地、「百窟城」が舞台。

香港にかつてあつた、九龍城みたい。

與那覇潤風にいうと「中国化する日本」か。

 

主人公は、田舎からきたばかりの「林孔明」。

百窟城で、管理人の職をえた。

 

 

 

 

タオの仕事はアイス屋さん。

『少女カフェ』は特にそうだが、板倉梓えがく幼女の愛らしさは皇帝級。

 

 

 

 

でも『タオの城』は、アイスクリームほど甘くない。

孔明が手紙を配達すると、おじいさんの部屋で、なぜかスリップ一枚のタオが。

ここの生活はきびしいだろう、でも春をひさぐなんて。

一目惚れは、一夜で幻滅。

 

 

 

 

「あたしは売春してるわけじゃないわ

でも百窟城に住んでる売春婦のコたちはよく知ってる

だから汚い仕事なんて言い方は許さないわよ」

 

ノラネコは、だれにもなつかない。

 

ビタースウィートが作者の持ち味だが、本作はいつにましてほろ苦い。

 

 

 

 

 

 

 

線のほそい要と翠は、兄妹でふたりぐらし。

ひと月まえ同居をはじめた。

 

 

 

 

夜。

「…お兄ちゃんならいいよ」

 

 

 

 

翌朝。

うつろな瞳。

たがいの他なにも持たないふたりが、すべてうしなつた。

都会の片隅にひそむ心の闇を、やわらかな描線でつむぐ。

 

 

 

 

 

 

 

タオのいうとおり、売春宿もある。

純情管理人が御来店。

この絵柄で感度がどうとか言われると、胸さわぎ。

 

 

 

 

「好きな子がいるから」と、娼婦の顔をつぶす。

素にもどりタバコに火をつける表情は、営業用のそれよりすてきだ。

 

 

 

 

さばさば身の上をかたる。

蓮さんはギャンブル狂で落魄の境涯に。

借金をかえし、ラスヴェガスへゆくのがいまの夢。

 

 

 

 

 

 

 

一巻完結の、グランドホテル形式の物語。

もうすこしスウィートなほうが作者の腕にあおうが、これもまたよし。

月夜のうつくしさを、だれも否定できない様に。






タオの城 (芳文社コミックス)タオの城 (芳文社コミックス)
(2012/06/16)
板倉 梓

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:   板倉梓  ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03