玉岡かがり『戦乙女と屋根の下』

現代日本はラグナロク!

 

 

 

 

戦乙女と屋根の下

 

作者:玉岡かがり

掲載誌:『まんが4コマぱれっと』2011年~

[単行本は「4コマKINGSぱれっとコミックス」として、第一巻まで刊行]

 

 

 

 

天井からヴァルキリーがふつてきた。

戦死者の魂をヴァルハラへみちびくため。

だが剣道少女「秋島小鳥」は、北欧神話に関心なし。

 

 

 

 

戦死者をみつけたいなら、シリアにでも行けばよいのに。

姉を殺すといわれたら、たたかうしかない。

剣の腕はほぼ互角。

 

 

 

 

決着つかず、ヴァルキリーは小鳥の家に居候することに。

ちなみにニンジンが苦手。

引き抜くと悲鳴をあげる、「マンドラゴラ」に似てるから。

 

 

 

 

ガンダムネタを披露。

アレもある意味神話だが……。

「ミドガルド(人間界)」の文化はすでに調査ずみで、特にアニメに興味津々。

神々が巨人族にやぶれた理由が、なんとなくわかる。

 

 

 

 

「秋島さんちにヴァルキリーがいる」と評判がたち、

近所の画家からモデルになるよう頼まれる。

ヴァルキリーさん、ノリノリ。

見ため幼女でドリル髪、やたら四コマばえする戦乙女さまだ。

 

 

 

 

 

 

 

ボクのお気にいりは、愛や豊穣をつかさどる女神フレイヤ。

ヴァルキリーの上司だが、六本木ヒルズで毎晩豪遊。

神は一種のセレブだから、性にあうのだろう。

 

 

 

 

兄フレイいわく、妹は「生粋のレズ」。

ああっフレイヤさまっ!

 

だが遊び呆けすぎ、痛い目にあうことも。

 

 

 

 

こちらは光の神ヘイムダル。

虹の橋ビフレストの守護神でもある。

なんでも角笛「ギャラルホルン」を地上におとしたとか。

もし人間がふけば、世界の終り(ラグナロク)がおとづれる。

 

 

 

 

おそれたとおり、ギャラルホルンは小鳥の手へ。

「プす~ぅ」

あぶね、世界ほろびかけた。

 

北欧神話つて、やはり心ひかれる。

終末感ただよう、現代日本にいればなおさら。

 

 

小鳥の愛犬コジロー

 

 

冥界の番犬ガルムも大活躍!





戦乙女と屋根の下 (1) (4コマKINGSぱれっとコミックス)戦乙女と屋根の下 (1) (4コマKINGSぱれっとコミックス)
(2012/05/22)
玉岡 かがり

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ  萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03