宮尾行巳『アンダープリズン』

 

 

アンダープリズン

 

作者:宮尾行巳

掲載誌:『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)2019年-

単行本:ニチブンコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

近未来の地下刑務所を舞台とした物語である。

正確にいうと、死刑囚専門の「拘置所」。

収容者は凶悪犯ばかりなので治安は最悪だ。

 

主人公である金髪の「桃瀬純矢」は、殺人罪で死刑判決を受け、ここに送られた。

 

 

 

 

端正な顔立ちの純矢は、男色趣味の看守の餌食になりかける。

しかしこの監獄の情報は調査してあり、どうにか切り抜ける。

 

 

 

 

実は純矢は警察に出頭し、みずから進んでこの監獄へやってきた。

目的は復讐。

家族3人を殺した男を、国家権力ではなく、自分の手で葬るために。

 

 

 

 

復讐の相手である「櫛目仁吾」とは同房になった。

殺ろうと思えばいつでも殺れる。

しかし櫛目は、想像してたのと違う人間だった。

絵が趣味で、被害者である純矢の姉の肖像画を描いたりする。

 

 

 

 

僕は復讐譚だと思って単行本を購入したが、予想は裏切られた。

 

殺害現場にいたのに、なぜか当時の記憶が残ってない櫛目は、

純矢との接触がきっかけとなり、すこしづつ記憶が戻ってゆく。

どうやら犯人は別にいて、もっと大きな陰謀が絡んでるらしい。

 

 

 

 

あとがきで作者は刑務所や拘置所について語っている。

作中の風景は誇張でなく、むしろマイルドな描写だと。

「国家権力は一個人の暴力よりずっと恐ろしい」という世界観の中で、

ポリティカルサスペンス的な要素が、物語に深みを与えている。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

はまじあき『ぼっち・ざ・ろっく!』

 

 

ぼっち・ざ・ろっく!

 

作者:はまじあき

掲載誌:『まんがタイムきららMAX』(芳文社)2018年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

彼女たちは「結束バンド」。

拷問でも始まりそうな不穏なバンド名である。

 

本作は『きららMAX』連載の、JKバンドものの4コマ漫画。

第1巻は昨年3月に発売され、すでにかなりの人気を博してるらしい。

同ジャンルの『けいおん!』と比較しつつ、きららの現在と未来を占う。

 

 

 

 

4人組で印象的なキャラは、ベースの「山田リョウ」。

家が裕福なので小遣いは多いが、楽器を買いまくって常に金欠、

雑草を食べて空腹をしのごうとしたら死にかけた。

 

ぶっちゃけベースなんてのは、あってもなくてもいい楽器で、

逆に言うとベーシストをどう描くかが作品の個性だ。

凛として女らしい秋山澪との対比が鮮やか。

 

部室でダベる放課後ティータイムとちがい、彼女らの溜まり場はライブハウス。

テーブルの描写なんかもいちいち凝っている。

作者の妹・日笠希望も漫画家で、背景を手伝っているとか。

 

 

 

 

単行本おまけのカット。

主人公の「後藤ひとり」、通称「ぼっちちゃん」は重度のコミュ障で、

バイトをする羽目になったがどうしても行きたくなくて、

わざと風邪をひこうと氷風呂に入って凍死寸前となる。

それを母親は陰から見守る。

芳文社なのに竹書房的な不条理ギャグに接近している。

 

なおメンバーの名字はアジカンから取っている。

P-MODELから頂いた『けいおん!』へのオマージュだろう。

 

 

 

 

正直僕は、音楽を題材にした漫画が苦手だ。

いくら紙の上で名演奏を披露されても、脳内で音声が再生されないから。

しかし本作の狂気や暴力性が、ステージで爆発する瞬間を目撃したとき、

音楽漫画のあたらしい扉が開かれたのを認めざるを得なかった。

 

 

 

 

『けいおん!』に代表されるきらら諸作への直接的言及もある。

いわく「不自然なくらい女の子しか出てこない」

「特に何の事件もなく話が進む」

「社会に疲れた大人が見るアニメ」など。

自己言及のパラドックスに陥っている。

そしてアー写を撮るときは「きららジャンプ」をこころみる。

 

 

 

 

例のアレである。

マンネリズムのマンネリズムみたいなきらら諸作は、

それがマンネリだと受け手に意識させない論理で構築されており、

社会に疲れた僕たちを現実逃避させるのに一役買ってきた。

 

『ぼっち・ざ・ろっく!』はその方向性でさらに加速しつつ、

素粒子同士が衝突し、スリリングな高エネルギー反応が生まれている。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  萌え4コマ 

望月桜『恋にならないシェアハウス』

 

 

恋にならないシェアハウス

 

作者:望月桜

掲載誌:『エレガンスイブ』(秋田書店)2019年-

単行本:A.L.C. DX

[ためし読みはこちら

 

 

 

ウェブ関係の会社に勤める31歳の「斎木真奈」は、最近引っ越しをした。

購入していたマンションは、同棲相手が浮気するのに利用され、

嫌な思い出が残ったので、貸しに出してしまった。

そこで選んだのが郊外にあるシェアハウス。

 

 

 

 

たがいに見知らぬ4人の共同生活がはじまる。

男が2人いることを、うっかりネット広告で見落とした真奈だが、

管理人の「西川」はイケメンで料理も上手で、むしろ万々歳だった。

 

 

 

 

研究者だという「吉岡」とは、女同士仲良くしようと話しかけるが、

いつも素っ気ない反応しか返ってこず、関係を構築できない。

しかしある日、吉岡は心の病気を抱えていることを告白する。

 

 

 

 

真奈の母が様子を見にやってくる第4話も秀逸なエピソードだ。

美人だが自己中心的な性格で、周囲に迷惑をかけがち。

真奈がつい自分の感情を押し殺してしまう傾向があるのは、

母親からのプレッシャーを受け続けてきたからだと解る。

 

 

 

 

シェアハウスの4人は、不器用でフツウの幸せをつかめなかった人たち。

でも人と一緒にいるのが嫌なわけではなく、むしろ求めていて、

ゆるやかだけど安心できる空間を、一から作り上げようと努力している。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

都陽子『ニュースの現場から!』

 

 

ニュースの現場から!

 

作者:都陽子

配信サイト:『COMIC BRIDGE online』(KADOKAWA)2019年-

単行本:ブリッジコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

小さな地方テレビ局に勤める、アルバイトの新米カメラマンの漫画。

田舎なので大事件は起きないが、それでも火災現場などは相当危険だ。

 

 

 

 

主人公は26歳の「相原夏未」。

やりたいことが見つからず職を転々とし、ふらふら暮らしていた。

現在はコンビニ店員をしているが、そこに大学の先輩「岩隈」が現れる。

人手不足なので気の合う後輩をスカウトしにきた。

夏未の方も岩隈を憎からず思ってたので、オファーを受け容れる。

 

 

 

 

夏未は時給900円でアシスタントの仕事をはじめる。

映像に興味があった訳でもないので、知らないことばかりだ。

5、600万円するカメラを壊したときは大ピンチに。

 

 

 

 

数か月アシスタントをこなした夏未は、

5分間のニュース映像のためご当地アイドルを追う仕事を任される。

しかし、うまくいかない。

カメラマンは、ただカメラを担いで立つだけの職業ではない。

われわれ視聴者は、映像を見るときカメラマンの存在を意識しないが、

被写体にとってはそうでなく、視界にいるだけで足を引っ張ることも。

 

作者はアイドルを題材にした作品をいくつか発表しており、

得意のネタを取り上げたこの第5話は、出色のエピソードとなっている。

 

 

 

 

本作は、まんがタイム掲載作みたいな「お仕事もの」風のノリだ。

淡々としている。

「やりたいことを見つける」というストーリーはやや弱く感じるが、

飾らない性格の20代女子のがんばる姿がナチュラルに浮かび上がる。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

森猫まりり『源氏物語~愛と罪と~』3巻

 

 

源氏物語~愛と罪と~

 

作者:森猫まりり

掲載誌:『Sho-Comi』(小学館)2019年-

単行本:フラワーコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

3巻は若紫篇である。

紫上は初登場時まだ10歳。

庭で雀をつかまえて戯れる、無邪気な少女だった。

 

のちに心身ともに成長し、この作品のヒロイン格となり、

原作者の呼称「紫式部」の由来とされる重要キャラだ。

 

 

 

 

祖母が他界し、頼れる身寄りがいなくなった紫上に、源氏は同情する。

保護するという名目で、幼女誘拐犯さながらに自邸へ連れ去ってしまう。

 

 

 

 

源氏の庇護のもと、紫上はおだやかな生活を送る。

「潮が引く様にお兄さまの心が離れたら嫌だ」とか、

絶妙な切り返しで源氏をタジタジとさせたりする。

このとき紫上は14、5歳で、海など見たこともないだろうに、

それらしい返歌をさらっと詠むあたり、知性と教養が光っている。

 

本作は、女子中高生にもダイレクトに伝わるスタイルを採用するが、

その枠内で宮廷文化の香りを漂わせるのが巧い。

 

 

 

 

ある日源氏は豹変し、保護者としての仮面を脱ぎ捨てる。

計画通りであり、正妻葵上を喪った悲しみゆえの行動でもある。

心の準備ができてない紫上は抵抗するが、相手が源氏では分が悪い。

 

性愛というものの暴力的な本質を抉り出す名場面である。

衣擦れの音がエロティックだ。

 

 

 

 

信頼を裏切られた紫上は悲嘆に暮れる。

自分への優しい態度は、すべてこれが目的だったのかと。

そして庭を歩きながら身の振り方を考える。

 

例の行為は許せないが、これまで源氏から大切にされてたのは事実だ。

不自由なく暮らせる私は、客観的に見て幸福な女だ。

主観的には不幸だが、ならば幸福とはそもそも何か。

私はいったい誰に何を求めているのか。

 

人生の荒波に翻弄されるヒロインの心理描写が冴えている。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03