冬目景『空電の姫君』1巻

 

 

空電の姫君

 

作者:冬目景

掲載誌:『イブニング』(講談社)2019年-

単行本:イブニングKC

ためし読み当ブログの関連記事

 

 

 

ウェブ媒体への移行を拒み、出版社を移り、タイトルもちょっと変え、

『空電ノイズの姫君』は『空電の姫君』として再始動した。

連載途中での移籍は難しいというが、そこは冬目景作品、

何事もなかったかの様にマイペースにスタートを切る。

 

 

 

 

マオとヨキコのだらだら女子トーク。

恋愛をレンアイと書くオトメっぽさが楽しい。

いわゆるダレ場だが、読み飛ばしは禁物。

弛緩したやりとりの中に、食い違いや擦れ違いを見て取れる。

 

 

 

 

高校でのシーン。

なにかとマウントを取ってくる女子グループへむけて、

マオが一瞬だけ鋭い視線を投げる。

 

 

 

 

叙情的だが、情緒に流されはしないのが、冬目景の作風。

本巻でマオは、大失敗した前回のライブのリベンジを果たす。

あくまで冬目基準において、いつになく『空電』はポジティヴだ。

 

 

 

 

今年出たソニック・ユースの伝記を読んだら、藝術性と商業性を両立した、

理想的なキャリアに見えたバンドが、実はレコード会社との関係に苦しみ、

ずっとフラストレーションを抱えながら活動してたと知った。

好きなことをやって食ってくのは大変なのだ。

ソニック・ユースですら。

インタヴューなどでのクールなたたずまいは、ポーズだったのだ。

 

冬目景のキャリアは、ソニック・ユースのそれに何となく似ている。

ただし、まだくたびれてなさそうなところは違う。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 冬目景 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03