はら九五『ネガティブハーレム愛ランド』

 

 

ネガティブハーレム愛ランド

 

作者:はら九五

掲載サイト:『コミックDAYS』(講談社)2019年-

単行本:モーニングKC

[ためし読みはこちら

 

 

 

主人公「山根トオル」は高校2年生で、祖父と叔母の三人で暮らしている。

生活費や学費は叔母が負担してるらしく、その代わりに、

トオルが寝たきりの祖父の介護を担っている。

あまりぱっとしない青春だ。

 

 

 

 

祖父が死んでから間もないある日、親友の「優」から手紙が届く。

そこに書かれる内容は突拍子もなく、無人島に誘拐されたので、

警察には通報せず直接助けにきてくれというものだった。

モテる優には女友達が大勢おり、11名が救出作戦に志願した。

トオルもその一員に加わり無人島へ向かう。

 

1巻で出番は少ないが、右端の「めぐる」がかわいい。

 

 

 

 

現実感の稀薄な船旅で、トオルは怯える。

まわりの少女たちは、どうせ優のイタズラだとたかをくくってるが、

もし本当に誘拐事件だったらどうするのか。

憧れの存在だったクラスメイトの「雪園栞」が隣に立ち、

トオルの震える手をにぎって励ます。

そして、もともとトオルに好意を持っていたと告白する。

 

夢みたいな展開だが、雪園さんを信じてよいかは解らない。

 

 

 

 

「鬼瓦キリエ」は同じ高校の卒業生。

年上の女の余裕でトオルを翻弄する、重要そうなキャラだ。

 

 

 

 

無人島に上陸してからは、惨事が連発する。

最初の夜に、少女たちの中から犠牲者が出る。

 

 

 

 

死体の側には、虚ろな目をした雪園さんが、鎌を手に立っていた。

ただし、彼女が直接手を下すシーンは描かれない。

二重三重にヒネリの利いたストーリーに惹かれると同時に、

女の子のアンニュイなたたずまいが印象的だ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03