松阪『大奥より愛をこめて』

 

 

大奥より愛をこめて

 

作者:松阪

掲載誌:『まんがタイムオリジナル』(芳文社)2018年-

単行本:まんがタイムコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

第11代将軍・家斉時代の大奥を舞台とする、歴史もの4コマである。

金髪碧眼の「蒔乃」が新しい女中としてやって来るのが、物語の始まり。

 

 

 

 

さっそく蒔乃は新人イビリの洗礼をうける。

有名な「裸踊り」である。

実在を疑われてはいるが、捨てがたいエピソードだろう。

 

 

 

 

御台所(正妻)の「寧姫」は、引きこもりのコミュ障として描かれる。

家斉とは幼なじみの関係だが、結婚後も実事はなく、

側室が懐妊したという知らせを聞いて気落ちしてしまう。

 

お付きの女中が気を利かせて人生ゲームで遊ぶが、むしろ逆効果に。

 

 

 

 

大奥ならではの華やかさを、ワイド4コマ形式で演出する。

僕のお気にいりは、眉が特徴的な寧姫の部下。

武家の女らしい凛とした言動がいい。

 

 

 

 

漁色家の家斉に仕える以上、身分の低い蒔乃も「お手つき」になりうる。

しかし本人は故郷に想い人がおり、床入りには否定的。

本作は、将軍家の血統維持を目的とする機関において、

いかに純情でありつづけられるかというテーマがある。

 

 

 

 

寛政の改革で知られる松平定信が、大奥を敵視する悪役として登場。

将軍などは、幕政を司るための単なる道具とみなし、

家斉と寧姫の幼なじみの恋を踏みにじる。

やたらと家斉が女に手を出したのは、寧姫を守るためだった。

 

たしかに幕府主導の婚姻政策は、安定した統治に有効だったが、

大奥での浪費が財政を圧迫したのもまた事実。

功罪半ばであり、そこに歴史ものとしてのドラマが生まれる余地がある。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03