板倉梓『泉さんは未亡人ですし…』

 

 

泉さんは未亡人ですし…

 

作者:板倉梓

発行:竹書房 2019年

レーベル:バンブーコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

医学生の「肇」が下宿先を訪れると、話とちがってその家は、

若くうつくしい未亡人「透子」のひとり住まいだった。

ちなみに物語の舞台は昭和初期。

情報が正確に伝わらないこともあるだろう。

 

高橋留美子のファンだと公言する作者が、

『めぞん一刻』にオマージュを捧げてるのは、冒頭からビシビシ伝わる。

 

 

 

 

なにかと世間の目のうるさい時代だ。

透子は家に男子学生を置けないと拒否し、肇もそれを受けいれる。

ただ野宿させるのは不憫なので、一晩だけ泊まらせることにした。

 

しかしその夜。

夫を事故で失って以来、不眠に悩んでいた透子は、

ぼうっとした頭で、勝手に肇と添い寝してしまう。

 

 

 

 

翌朝、透子は肇に部屋を貸すと決めた。

ただし条件は、毎晩添い寝させてもらうこと。

自分がぐっすり眠るために。

 

肇が適当に口走った「女に興味がない」という発言を真に受けるなど、

透子の天然な言動も本作の見どころ。

 

 

 

 

透子は普段は看護婦として働いている。

肇とケンカして不機嫌なとき、顔は笑ってるけど内心は怒っていて、

無意識に患者に八つ当たりするシーンとか可愛い。

 

響子さんは 嫉妬深くてメンドくさい女ですね 笑

でもすごく内面が丁寧にリアルに描かれてて

時々 あーわかるよ響子さん て思ったり…

結局あたしも含め女はメンドくさい生き物ってことか 笑

 

作者ブログから引用

 

数々の忘れがたいヒロインを送り出してきた板倉梓だが、

今回はあの音無響子と渡り合おうとし、ある程度成功している。

 

 

 

 

本作は膨大な資料でリアリティを追求する、典型的な時代物ではない。

とはいえ浅草の夜景をバックに、しっとりした場面も描かれる。

 

幼い頃から

浅草界隈をはじめ銀座や神田や上野や新宿を

祖父たちと歩いた思い出は

大人になったら東京に住むんだ~と思わせるに

十分な動機になったと自覚してます

 

作者ブログから引用

 

頭でっかちになりそうでならないのが、板倉作品の美点だ。

 

 

 

 

舞台が戦前なのは、大家さんが未亡人でどうちゃらこうちゃらに、

2010年代の貞操観念を適用しても、ちっとも面白くないからだろう。

小津安二郎の映画みたく、日本人の心のうつくしさを描きたかったのでは。

 

しかし板倉ヒロインは、原節子とはちがう。

いろいろ参照してるけど、彼女らは板倉ヒロイン以外の何者でもない。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 板倉梓 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03