らうりー『彷徨いスタァ』

 

 

彷徨いスタァ

 

作者:らうりー

発行:KADOKAWA 2019年

レーベル:フルールコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

大学4年生の「翔太」は、友人3人と卒業旅行にやってきた。

温泉地の夜の楽しみといえばストリップ。

ところがステージに現れたのは男で、観客もみな男。

女性向けのいわゆるメンズストリップとはちがう、淫靡な空間だった。

 

 

 

 

この小屋には「まな板本番ショー」まである。

翔太は、踊り子の「彷徨(かなた)」に招かれてステージへのぼり、

ローションで勃たされた上で、その場で行為におよんでしまう。

 

 

 

 

実際は、昔ながらのストリップ劇場は閉館が相次いでおり、

まな板ショーなどというサービスもとっくに消滅した様だ。

ゆえに本作の世界観は現実離れしている。

 

それでも作者は、彷徨が踊り子になった経緯などを具体的に描き、

キャラクターの個性を前面に出して読者を引き込む。

 

 

 

 

翔太は、同性愛趣味のまったくない普通の大学生だったが、

妖艶な踊り子の魅力に絡め取られ、滞在期間中に足繁く通うことに。

ずぶずぶとハマってゆく姿が見ものだ。

 

 

 

 

ストリップ劇場の名物として「リボン」がある。

ステージ横からリボンを投げ込むのが役目の、熱狂的ファンのことだ。

リボンさんは、彷徨が翔太とただならぬ仲になったのに嫉妬し、

ナイフを持ち出して極端な行動にでる。

普通じゃない関係だからこそ、思いは先鋭的になるのかもしれない。

 

僕は試し読みで物珍しい設定に注目し、怖いもの見たさで手にとったが、

BLというジャンルに縁の薄い読者でも楽しめる、上出来の作品だった。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03