あおのなち『きみが死ぬまで恋をしたい』

 

 

きみが死ぬまで恋をしたい

 

作者:あおのなち

掲載誌:『コミック百合姫』(一迅社)2018年-

単行本:百合姫コミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

ルームメイトの死からはじまる百合漫画だ。

それを聞かされても主人公「シーナ」は淡々としている。

 

 

 

 

シーナは、孤児をあつめた魔法学校で寮生活をおくる。

学校は彼女らを訓練し、戦場へ派遣する。

 

つまり本作は「ファンタジー」や「戦争」が題材であり、

百合姫作品としてはギミックが大掛かりだ。

 

 

 

 

シーナは、天才的な能力をもつ「ミミ」と出会う。

めざましい戦果をあげたばかりで、全身血まみれだった。

 

 

 

 

小柄で無邪気で幼く見えるミミだが、実はシーナと同い年。

あたらしいルームメイトとして共同で生活することに。

 

制服はセーラーワンピース風。

ただしリボンなどはなく、ラインも1本だけとシンプルで、

セーラー要素の主張がひかえめな、ぎりぎりのバランスだ。

 

 

 

 

少女たちは何者と戦っているのか、その戦争目的はなにか。

主人公は内面にどんな闇をかかえていて、それをどう解決するのか。

あえて言うとジブリやまどマギみたく、大作っぽいムードの本作は、

当然生じるこういった読者の疑問に答えなくてはならない。

しかし僕がおもうに、百合姫連載作にストーリー性を要求するのは野暮だろう。

 

たとえば本作では、唇をかさねることで治癒魔法が発動される。

ふわっとやわらかい絵柄でえがかれる少女たちと、

シリアスなテーマが緊張をはらみながら共存する、

独特の空気感がなによりも貴重に感じられる。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  百合姫コミックス 

冬目景『空電ノイズの姫君』3巻

 

 

空電ノイズの姫君

 

作者:冬目景

掲載誌:『月刊バーズ』(幻冬舎)2016年-

単行本:バーズコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

『空電ノイズの姫君』は幸福な作品だとおもう。

デビューから27年のベテラン作家が、たのしんで描いてるのがつたわる。

 

 

 

 

絵が「歌って」いる。

よくもわるくも淡々とした作風の冬目景が、

ロックを題材にして心機一転するとは意外だ。

 

まあ、代表作のタイトルが『イエスタデイをうたって』だし、

彼女の内面でずっとロックは奏でられていたのだろう。

 

 

 

 

3巻は、初ライブが大失敗におわったマオたちが、

打ちひしがれて迷いの日々をおくる様子をえがく。

 

なにげない会話がいい。

文字がやたら多く、特別に見せ方を工夫してるわけでもないが、

女の子の表情が時間と空間の感覚をかもしだす。

これぞ冬目景ワールドだ。

 

 

 

 

「才能とはなにか」について熱く議論する。

 

冬目は美大出身で、どちらかと言えばマニアックな作風で、

作品発表のペースは途轍もなく悠長でありながら、

傍から見ると浮き沈みのない安定したキャリアを築いている。

「売れないアーティストの鬱屈」なんてとっくに忘れてるはずだが、

それでもけっこう読ませるのが不思議だ。

 

 

 

 

『空電ノイズの姫君』は、幻冬舎から講談社に掲載誌が変わった。

あとがきによると『コミックバーズ』休刊に際し、ウェブ連載を打診されたが、

冬目は紙媒体へのこだわりを訴え、それが認められたらしい。

 

おだやかな作風の背後にある、アーティスト魂を感じさせるエピソードだ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

中山敦支/小高和剛『ギャンブラーズパレード』1巻

 

 

ギャンブラーズパレード

 

作画:中山敦支

原作:小高和剛

掲載誌:『週刊少年マガジン』(講談社)2018年-

単行本:KCDX 週刊少年マガジン

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

中山敦支作品には、よく瓦礫がでてくる。

建物はとりあえずぶっ壊せ、みたいなところがある。

 

 

 

 

本作でもそれは踏襲され、全4話を収録するこの第1巻は、

第1話で2度、第2話で1度、ドカンと破壊するシーンをえがく。

 

 

 

 

キャラクターやストーリーに関しては、「らしくなさ」が目立つ。

いわゆる超サイヤ人的な描写はめづらしい。

 

少年漫画では、読者の成長願望にそった「能力インフレ」が好まれる。

しかし中山作品のバトルは概して、限定的なリソースを投じての潰し合いだった。

 

 

 

 

こちらは『トラウマイスタ』最終5巻からの引用。

ソウマとゲルニカが敵の本拠地へのりこみ、高層ビルを破壊して死体の山を築く。

猛獣の牙の様にするどい暴力性、濃厚な死の匂い。

 

中山作品のド派手なアクションは少年漫画的だが、

精神面においては真逆ですらあり、そのアンビバレンスに読者は戦慄する。

 

 

 

 

ヒロインが内気でウジウジしてるのも、いつもとちがう。

明るく、やさしく、強く、前向きな、これまでの女性像から逸脱している。

 

とはいえ、中山ヒロインらしさがスパークする瞬間もあり、

この作家が瓦礫の上にどんなキャリアを確立するのか、僕には予測できない。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 中山敦支 

三ノ咲コノリ『春夏冬さんに呪われるっ!?』

 

 

春夏冬さんに呪われるっ!?

 

作者:三ノ咲コノリ

配信アプリ:『Palcy』(講談社)2018年-

単行本:シリウスKC

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

学園に、うつくしい髪の転校生がやってきた。

その名は「春夏冬(あきなし)いろは」。

ミステリアスな雰囲気を発散しており、まるで魔女みたいだが、

中身はいたって温厚な性格の優等生である。

 

 

 

 

こちらはオカルト部の「萩好 環」。

モテそうなルックスなのに中二病をこじらせ、リア充をはげしく憎む。

ちなみに、撫でているカラスは剥製である。

 

 

 

 

そして放課後の教室で、春夏冬さんと環が出会う。

春夏冬さんの目つきが悪くて怖いのは、単に人見知りが原因だが、

環はそれを見て、自分が魔法で召喚した魔女と思いこんでしまう。

 

 

 

 

春夏冬さんの方にも問題はあり、ブードゥー人形をかわいいと思うなど、

いささかズレてる言動が、周囲からの誤解をまねく原因となっている。

 

こんな風にオカルトをネタにしつつも、怪異現象は特におきない学園コメディだ。

本作では春夏冬さんの暴走を「ワルプルってる」と称する。

 

 

 

 

さて、ストーリーはどちらかと言えば環の視点ですすむが、

彼女は最初からオカルトにどっぷりなので、読者を置いてきぼりな傾向がある。

感情移入すべき主人公がだれか、いまいちはっきりしない。

 

しかし、環の片思いが空回りする様子などはかわいい。

これをメインプロットに絡めたらもっとよかったろう。

たとえば、好きな男子が一か月後に転校することになっていて、

それまでに告白したいのに、三角関係に足を引っぱられるとか。

 

 

 

 

批判めいたことを述べたのは、この作家を応援してるから。

ちょっとわかりづらくても、手に取る価値があると言いたい。

『アルクアイネ』は北欧を舞台とするファンタジーだったが、

本作は卓抜なセンスを、いわゆる日常系に落とし込んでいる。

作者なりに工夫してるのがわかる。

 

とにかく、とびぬけて可憐で繊細なこの絵柄は、えがたいものだ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

オカザキトシノリ/瀬川はじめ『電撃トラベラーズ』

 

 

電撃トラベラーズ

 

作者:オカザキトシノリ

原案:瀬川はじめ

配信サイト:『コミックニュータイプ』(KADOKAWA)2017年-

単行本:角川コミックス・エース

[ためし読みはこちら

 

 

 

「JK×メカ×バトル」の、単語の並びに反応する人におすすめの作品だ。

オカザキトシノリはこれが初連載らしいが、

『喰霊』『東京ESP』などの瀬川はじめが原案でサポートしている。

 

 

 

 

舞台は、無政府状態となった四国。

「帯電体質」の少年少女らが世界を救うため、叛乱をおこした「AI」と戦う。

 

片方だけ横縞のニーソックスを履かせるなど、

ヒロインである「薙原さん」の造形が凝っている。

 

 

 

 

薙原さんはクールだが、天然キャラでもある。

主人公である「切春」をスカウトするため彼女に立候補するなど、

ぐいぐいアピールしてくる。

 

 

 

 

切春の特徴は、体内に蓄える電力量の多さ。

戦いのなかで放電し、消耗した薙原さんと手をつなぐと、電力を供給できる。

 

キャラ同士のロマンチックな関係も見どころだ。

 

 

 

 

四国4県で、同時並行的に戦闘が繰り広げられてるらしい。

1巻では眼鏡のスナイパー「千華子」が登場する。

 

引用画像をえらんだら、意識せず、すべて見開きとなった。

コマ割りに独特のリズムと勢いを感じさせる、新鋭の作家なのは明らかだろう。

女の子とメカの描写が、ハイレベルで両立している。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

山崎零『恋せよキモノ乙女』3巻

 

 

恋せよキモノ乙女

 

作者:山崎零

掲載誌:『月刊コミック@バンチ』(新潮社)2017年-

単行本:バンチコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

和服を愛する女性「もも」の日常をえがく漫画の第3巻は、

あっけない失恋から幕を切って落とす。

舞台は神戸の喫茶店で、あいかわらず店のチョイスがいい。

 

 

 

 

内気なももにとって、自分から告白するのは難事業だった。

なのでフラれたダメージは大きく、しばらく引きこもり生活となる。

 

 

 

 

心配する姉が連れ出した先は、大衆的な居酒屋。

一生懸命はげます姿がじんとくる。

このときももが着たのは、インディゴブルーのデニム生地。

 

 

 

 

そうこうするうち、ももは元気をとりもどしてゆく。

逆に親友の試験勉強を応援したり。

大事件はおきず、恋愛方面もうまくゆかないが、あんがい充実した生活。

 

 

 

 

本作のもうひとりの主人公である「着物」に関しても、まだネタ切れしてない。

母と一緒に和歌山の海岸をドライブするとき選んだのは、

波と雲をイメージした絽の小紋と、貝殻をあしらった帯。

 

モノクロの作品なのに、あざやかな青を感じる。

やはりこれは秀作だ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

さぎり和紗『尼なので逆ハーレム王国は築きません』

 

 

尼なので逆ハーレム王国は築きません

 

作者:さぎり和紗

発行:宙出版 2018年

レーベル:NextcomicsF

[ためし読みはこちら

 

 

 

尼さんになるため現代日本で修行していた「ミユウ」が、

異世界に転生し、そこで美形の王様に壁ドンされたりする物語である。

 

 

 

 

ミユウは剣や魔法などをあやつれない。

なので「説法シーン」が見せ場となる。

 

普段は民衆の立場にやさしく寄り添うが、いざというときは、

たとえ相手が王侯貴族だろうと、舌鋒するどく正しい道を説く。

 

 

 

 

全3話120ページで短篇にカテゴライズされる作品だが、

各エピソードに仕掛けがほどこされており、読みごたえあり。

 

奴隷制がテーマの2話の出来がいいかな。

 

 

 

 

イケメンに愛されたい願望が炸裂する少女漫画っぽさと、

なろう系異世界転生ものと、尼さんのお説教という三つの素材を、

強引に融合させつつも世界観が破綻してないのに感心。

 

 

 

 

作者の祖父は住職だったらしい。

説法シーンにおける、ミユウの凛としたたたずまいと説得力は、

なるほどこれは実体験にもとづいてるのかなと思わせる。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

ハナツカシオリ『ストーカーズ』

 

 

ストーカーズ

 

作者:ハナツカシオリ

掲載誌:『コミック電撃だいおうじ』(KADOKAWA)2018年-

単行本:電撃コミックスNEXT

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

ストーキングを題材とする連作。

なので主人公は毎話ことなる。

 

この長い髪の少女は、ルックスはいかにも深窓の令嬢風だが、

毎日早朝にゴミを漁るなど、重度のストーカーである。

 

 

 

 

こちらは、SNSに過度に依存する大学生。

趣味や交友関係など、相手の情報をとことん集めておかないと、

安心して人付き合いができないタイプ。

 

犯罪というほどでないが、これも一種のストーカーだろう。

 

 

 

 

女子小学生のストーカーまで登場。

 

可憐な絵柄にピッタリなこの4話でわかるとおり、

本作は題材のわりに殺伐としていない。

おそらく狩りをしていた時代以来、人間が本能的にそなえる、

「ターゲットに対し優位に立ちたい」という欲求のあらわれが、ストーキングなのだ。

全否定されるべきものではない。

 

 

 

 

手口の描写はなかなか本格的。

ある漫画家を病的に崇拝する少女は、検索を工夫して日常アカウントを発見。

不用意にばら撒かれる情報をつなぎ合わせ、住所まで特定する。

 

スパイものみたいな読みごたえだ。

 

 

 

 

当ブログはすでに2作のハナツカ作品を紹介した。

この作家は、かわいくて繊細な絵柄が売りである一方で、

読者を突き放す様な、辛辣でドライな作風の持ち主でもある。

うまく魅力を伝えづらいとおもっていた。

 

でもストーカーをストーキングする6話をみると、

作者のこんがらがった個性がいい方向にあらわれてるのを感じる。

ようこそ、ハナツカワールドへ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03