市丸いろは/左藤真通『将棋指す獣』

 

 

将棋指す獣

 

作画:市丸いろは

原作:左藤真通

掲載誌:『月刊コミックバンチ』(新潮社)2018年-

単行本:バンチコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

女子初のプロ棋士をめざす22歳、「弾塚光」の物語である。

ちなみに上に引用した場面は、クライマックスを暗示する冒頭のフックで、

いまのところ光はアマチュアとして活動する。

 

 

 

 

さて、本作の特色はキャラデザだ。

将棋漫画の弱みである「絵面の地味さ」をカバーしている。

棋士たちの外見は、かなり露骨にモデルをなぞっており、

この「加賀見廉」の場合は、新右翼の活動家で作家の見沢知廉だろう。

突飛だが、なにしろ小林秀雄まで出てくる漫画なので。

 

 

 

 

「峰田省三」九段の面構えも相当だ。

顔のインパクトが強烈すぎ、ストーリーに集中できないくらい。

 

 

 

 

左藤真通は、単独で『アイアンバディ』などを発表している漫画家だが、

原作担当の本作ではよく取材し、こまかいエピソードで読者の関心を刺激する。

たとえば、時間切れになりかけたときの対処法とか。

 

 

 

 

駒を打つ力が強すぎ、光は飛車を真っ二つに割る。

しかし駒が割れたのに気づかぬまま、思考の世界へ沈潜する。

 

 

 

 

プロ入り間近だった光が、16歳でいったん将棋を捨てた理由が謎で、

それをちょっとづつ明かして読者をひきつけるストーリーとなっている。

 

僕はくわしくないので、将棋部分の良し悪しを評価できないが、

魅力的なヒロインが創造されたことは保証できる。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03