尾崎かおり『金のひつじ』2巻

 

 

金のひつじ

 

作者:尾崎かおり

掲載誌:『月刊アフタヌーン』(講談社)2017年-

単行本:アフタヌーンKC

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

駆け落ち同然に、継は東京へやってきた。

祖父が経営するコロッケ屋ではたらきはじめる。

 

 

 

 

ブログなどでの作者の発言にふれない訳にゆかない。

どうやら1巻の売上が芳しくなく、本巻の初版部数が相当しぼられたらしい。

講談社編集部とケンカしたのを匂わせてもいる。

 

いじめというテーマが暗すぎたと作者は分析する様だ。

 

 

 

 

作風の刷新をはかっているのだろう。

『神様がうそをつく。』『人魚王子』は、思春期女子の視点からえがかれる、

みづみづしくも切迫した世界観が異彩を放っていた。

本作ではより視野をひろげ、群像劇に接近している。

主人公の継もふわっとした印象で、近作みたくピリピリしてない。

 

アーティスト魂が、過去作品のコピペを拒絶するわけだ。

 

 

 

 

それでも、継が夜に観覧車に乗るところはすばらしい。

僕は観覧車のシーンをいろいろ見てきたが、この浮遊感はあざやかとおもう。

 

つまり、過渡期の作品なのだ。

 

 

 

 

ボクシングのプロテストで失敗した優心が、シャワー室で無力感に崩れる。

たしかにここには、未知の風景がある。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 尾崎かおり 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイヴ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03