マウンテンプクイチ『球詠』4巻

 

 

球詠

 

作者:マウンテンプクイチ

掲載誌:『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)2016年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

4巻前半で、謎めいた影森高校との試合が決着する。

非力で気弱で、しかも初心者だった息吹が、打撃に投球に大活躍。

その成長ぶりが感慨ぶかい。

 

 

 

 

3回戦の相手は、全国レベルの強豪「梁幽館高校」。

 

団体競技をえがく漫画は、勝ち進むほどキャラデザの負担が重くなる。

でも、たとえば梁幽館のリードオフガールである「陽秋月」は、

メカクレでかわいく、作者の描き分けの在庫はまだ潤沢らしい。

俊足の二塁手「白井さん」もいい。

 

 

 

 

名参謀・芳乃の知識と勝負勘が、本作の醍醐味。

しかし小細工の通じない難敵に、バントの指示をだすのにも迷いをみせる。

 

 

 

 

1回裏、芳乃はきびしい判断をせまられる。

そして2死2塁で4番「中田奈緒」との勝負をさけ、敬遠策を命じる。

エースで50本塁打の中田のプレーをみにきた観客は怒る。

 

 

 

 

女子高生に、大観衆からのヤジはきつい。

息吹など震え上がってしまう。

一方で、おかしな理屈で反論する、希の熱い野球バカっぷりがいい。

いちいち福岡ローカルネタをしこんだり、セリフが全体的におもしろい。

 

 

 

 

敬遠は卑怯か、それともルールにのっとった正当なプレーか。

それを高校球児にやらせるのは正しいのか。

古典的な議論である。

 

本作があたらしいのは、議論の対象が女子高生である点。

つまり、勝負のために勝負から逃げるJKは、かわいいのか?

答えは勿論、かわいい。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03