奥瀬サキ『流香魔魅の杞憂』

 

 

流香魔魅の杞憂

 

作者:奥瀬サキ

掲載サイト:『コミックガム』(ワニブックス)2016年-

単行本:ガムコミックスプラス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

主人公は「流香魔魅(りゅうか まみ)」。

うつくしい髪と、長身痩躯と、黒づくめの服が印象的だ。

特異な能力を活かし、保険調査の仕事をしている。

ある日、ガード下で雨宿りしていたショートカットの少女と出会い、

相通ずるところがあったか、仔犬でも拾う様に自宅へ連れて帰る。

 

魔魅は『低俗霊狩り』の主人公でもある。

 

 

 

 

少女の名は「來夕(きゆう)」。

「俺ビアンなんだ」と1話で打ち明ける。

魔魅に惹かれたらしく、そのまま居ついてしまう。

 

1巻で性交渉の場面はない。

たが魔魅の方も、まんざらでもなさそう。

 

 

 

 

魔魅がもつ異能は、霊視力。

幽霊たちの悲しい訴えに耳をかたむけ、

警察が解決できなかった保険金がらみの事件の真相をあばく。

 

 

 

 

奥瀬は性と暴力にこだわる作家だ。

本作は若干マイルドになったが、目をそむけたくなる残酷な描写も。

 

 

 

 

ストーリーは、1話完結スタイルの探偵もの。

よく言えば、本格ミステリ小説みたいな読みごたえがある。

悪く言えば、文字情報が氾濫しており重い。

 

代表作のひとつ『コックリさんが通る』の様な、

アクションでグイグイ押してゆく作風ではない。

 

 

 

 

本作の強みはファッションだ。

黒を基調とするが、各話ダブルヒロインの服装が凝っている。

僕が好きなのは、來夕のセーラーワンピース。

 

 

 

 

背景に写真をつかう手法も、もともと奥瀬の十八番だが、

本作は卓越した整合性を感じさせる。

作家としての円熟期なのだろう。

 

僕は熱心なファンではないので、レビューを参考にすると、

長い低迷期を脱した作者による会心作である様だ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03